NEW
黒田尚子「『足るを知る』のマネー学」

がん生存率7割に上昇、深刻な“老後の資金不足”問題が顕在化…離職等で生涯年収減少

文=黒田尚子/ファイナンシャルプランナー
【この記事のキーワード】

, ,

がん生存率7割に上昇、深刻な“老後の資金不足”問題が顕在化…離職等で生涯年収減少の画像1
「Getty Images」より

 医療技術の進歩によって、がんの生存率は向上している。国立がん研究センターの発表によると、2009~2010年にがんと診断された患者の5年生存率は66.1%。がんと診断されても、7割近くの人が5年後も生きているということだ。

 部位別でみると、前立腺98.6%、乳房92.5%とさらに高い割合になっている。沈黙の臓器ともいわれ、早期発見や治療が難しいすい臓は9.6%と最も低いものの(ちなみに筆者の父もすい臓がんで他界した)、患者数が最も多い大腸が72.9%など、がんになっても「死なない」可能性が高い。

 患者にとって、生存率の向上は喜ばしいことだろう。しかし、その一方で、別の問題が顕在化している。がん患者の「老後問題」である。がん患者に限らず、誰しも老後問題は避けて通れないが、今回は、がん患者の老後がどのように問題なのかをご紹介したい。

「長生きできないと思っていた」から老後の備えゼロ!

 ファイナンシャルプランナーである筆者のもとに、もうすぐ定年を迎えるという公務員のA子さん(59歳)が相談に訪れた。おもな相談内容は、定年後の老後の生活について。これだけなら、よくある一般的な相談なのだが、A子さんは別の事情を抱えていた。

 今から20年以上前に乳がんの告知を受け、最近そのがんが再発したというのだ。A子さんは夫(62歳)との二人暮らしで、30代の長男と次男はそれぞれ独立している。夫はまだ会社員として働いており、住宅ローンも終わっている。A子さんも長年公務員として働いてきたのだから、通常であれば、それなりに金融資産も貯まっているはずなのだが……。

「30代後半で乳がんの告知を受けたとき、子どもたちはまだ小学生でした。今から、20年以上も前ですから、すぐに『がん=死』を意識しましたね。乳房全摘手術の後、抗がん剤治療、ホルモン治療などを受けました治療が一通り終わり、定期的に検診も受けていましたが、『きっと、自分はそんなに長生きできないだろう』と思っていたんです。

 だから、老後のためにお金を貯めるよりも、旅行に行ったり、美味しいものを食べたり。今の生活を充実させるためにお金を使おうと思っったんです。だから、貯金はほとんどありません。

 先日、乳がんが再発したことがわかり、現在ホルモン治療を再開しました。体調は悪くありません。再発はしたものの、きっとまだ『死なない』んだろうなあ、と漠然と思っています。となると、今の家計状況では、心もとなくて。これからどうしたらよいか、ご相談に来ました」

 聞けば、A子さんの勤務先は雇用延長もできたのだが、がんも再発し、なんとなく続ける気力が沸かず、退職することにしたという。また、共働きではあったが、A子さんの夫の収入で住宅ローンや子どもの教育資金をまかなってきたため、借金はないものの、こちらも安心できるほどの蓄えがあるわけではない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合