小池百合子氏、カイロ大学主席卒業に学歴詐称疑惑…卒業証書提示を拒否、疑問の声広まるの画像1
小池百合子氏の公式サイトより

 小池百合子東京都知事はカイロ大学を卒業したのか否か――。都政運営の手腕以前に、一社会人としてのキャリアが問われる事態になりつつある。

 7月5日投開票の東京都知事選。告示日の18日まで、2週間となった。自民党、公明党が独自候補を擁立できない中、圧倒的優位で再選を決めるかと思われていた小池氏だったが、先月末に公開された「文春オンライン」(文藝春秋)の記事『「カイロ大学卒業は嘘」小池百合子東京都知事の学歴詐称疑惑 元同居人が詳細証言』で、雲行きが怪しくなってきた。学歴を詐称した上で、選挙に打って出れば公職選挙法235条の『虚偽事項公表罪』にあたる可能性もある。小池氏が「選挙公報」に自身の経歴をどのように記載するのかが、今後の大きな焦点になりつつある。

 文春オンラインの記事は、ノンフィクション作家の石井妙子氏が、エジプトでの現地取材を行い、小池氏のエジプト在住時を知る複数の人物の証言をもとに書いた新刊『女帝 小池百合子』(文藝春秋刊)を紹介しつつ、“小池氏の学歴詐称疑惑”を指摘した。小池氏は1972年にカイロ大学文学部に入学、76年に主席で卒業したと自著やインタビューで主張してきたが、たびたびその真偽が話題になってきた。

 今年3月の都議会でも自民党都議4人が、小池氏の経歴に関して質問。卒業証明書の提出を小池氏に求めたのだが、「これまで大学が発行致しております卒業の証書、そして証明書につきましても、これまで何度も公にしております」などと拒否した。

 小池氏が議会で主張した「何度も公にしております」というのは、フジテレビ系の情報番組『とくダネ!』(2016年6月30日)で、小池氏が同番組取材班に公開した卒業証書のことを指している。だが、文春オンラインはこの証書の信ぴょう性にも疑義を投げかけている。こうした疑惑の中で、小池氏が従前どおり、選挙公報に「カイロ大卒」と記載するのかが焦点となっている。そして、選挙公報と同じく、候補者の経歴を紹介することになる大手マスコミ各社がどのように小池氏の経歴を記載するのかもまた、注目される。

なぜか沈黙する大手マスコミ

 ノンフィクション作家が一人でここまで取材をしたのであれば、人員も取材経費も潤沢な大手マスコミは何をしているのかという疑問が湧く。エジプトのカイロに支局や総局を配置している全国紙や通信社、ブロック紙、大手テレビ局などは直接カイロ大学に真偽を確かめるなど、最低限のファクトチェックを行うのが筋のように見える。

 ところが、そうはならないようだ。全国紙記者は次のように話す。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ