NEW
小谷寿美子「薬に殺されないために」

腰痛、「湿布を貼って安静」は逆効果?痛み止め、長期服用で腎臓が重病の副作用も

文=小谷寿美子/薬剤師
【この記事のキーワード】

, ,

腰痛、「湿布を貼って安静」は逆効果?痛み止め、長期服用で腎臓が重病の副作用もの画像1
「Getty Images」より

 2016年に行われた「国民生活基礎調査」(厚生労働省)によると、病気やけが等による自覚症状に関する質問で、腰痛を訴える人は男性で1110万人、女性で1380万人と、症状別で1位でした。ちなみに2位は肩こりで、男性680万人、女性1410万人でした。女性に関しては肩こりのほうが多いのですが、男女合わせた総合順位では腰痛が断トツの1位です。「この腰痛なんとかならないか?」と思いながら日常生活を送っている人が多いのです。

 ところで「腰痛」とはどんな病気かご存知でしょうか。文字通り「腰の痛み」で、広辞苑では、椎間板ヘルニア、骨粗しょう症、外傷、炎症、腫瘍によって起き、腰筋の疲労や姿勢不良によるものも多いと説明されています。セルフメディケーションで対応できるのは、腰筋の疲労や姿勢不良によるものです。それ以外の病気は専門医による治療が必要です。重いものを持つ、腰をかがめてしまうといった姿勢不良が続くと腰痛になります。

 薬剤師としてドラッグストアで働いていた私は20代の頃、「若いんだから!」と重たいものを持つ作業を先輩方に押し付けられていました。粉末洗剤は一つ1.2kgですが、8個で1ケース、2ケースともなると19.2kgです。これを店内通路が狭いという理由だけで、台車なしで階段を上って3階の倉庫まで運び続けます。柔軟剤詰め替えは1個540mL であり、1ケース15個で8.1kg、それを2ケースで16.2kgです。当時の店長は2ケースしか持てない私に向かって「少ない!」と言い、仕方なく3ケース持ちます。これで腰痛にならないわけがありません。

 厚生労働省の統計によると、かつての私のように「職業腰痛」になる方が腰痛全体の6割いるそうです。職業としては介護関係が1位、小売業が2位、看護関係が3位です。こうした職業腰痛は、機械や設備の導入によって人間がやらなくていい部分を増やすことで改善できます。台車とエレベーターがあれば、どれだけ腰の負担が減ったことでしょう。

シップを貼って安静にするのは時代遅れ

「2019年診療ガイドライン」(日本医療機能評価機構)では、安静よりなんらかの活動をするほうが早く治るとされています。私の職業腰痛は、ドラッグストア店員を辞めたことと筋トレで腰回りの筋肉をつけたことで完全に治っています。職業腰痛についてガイドラインでは次のように書かれています。

「急性の痛みがあっても、なるべく普段の活動性を維持することは、より早い痛みの改善につながり、休業期間の短縮とその後の再発減少にも効果的である。休業する期間が長ければ長いほど、職場復帰の可能性は低くなる」

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合