NEW
中西貴之「化学に恋するアピシウス」

居酒屋で「まずポテトサラダ」はNG?認知症のリスクを高める“食い合わせ”とは

文=中西貴之/宇部興産株式会社 品質統括部
【この記事のキーワード】

, , , ,

居酒屋で「まずポテトサラダ」はNG?認知症のリスクを高める食い合わせとはの画像1
「PIXTA」より

 これを読んでおられるビジネスパーソンのみなさんは「食い合わせ」に気を遣った食生活をしていますでしょうか。自宅での食事ではバランスに気を遣っていても、会社帰りに一杯、となると、いつも自分の好きなものばかり注文したり、おいしそうな写真を選んで注文したりすることが多いのではないでしょうか。

 そんな食べ方が認知症のリスクと関係するという論文が発表されて、注目を集めています。

「食い合わせ」は認知症の発症リスクに関係する

 フランス・ボルドー大学の研究者らが、食品素材と認知症の関係について大規模なアンケート調査を行った結果、認知症の発症リスクが高まる食い合わせがあることを明らかにしました。

 和食や地中海食が平均余命を延長したり、健康状態の改善に役立ったりすることは、多くの研究者によって報告されています。また「ダッシュダイエット」【※1】と呼ばれる、米国国立衛生研究所が考案して推奨している高血圧を予防するにあたって有効な食事療法も、認知症リスクの低減に効果があることがわかってきています。

 ボルドー大学の研究者らが、65歳以上の高齢者、約1万人について12年間の追跡調査を行い、その間に認知症を発症したか否か、食事内容や飲酒の有無と認知症の発症の有無に相関があるかどうかを統計調査しました。

 その結果、調査対象の摂取カロリーの平均値は1日あたり1500kcal前後で大きな違いはなかったものの、認知症発症者と非発症者では食事内容に大きな違いがあることがわかりました。

 認知症を発症した人々の間では、ハム、ソーセージなどの食肉加工品が食事の中心となっており、そこにジャガイモなどのデンプン類の大量摂取、飲酒、間食でお菓子を摂取するなどの傾向がありました。これはまさに、会社帰りに居酒屋で一杯やって〆にラーメン、というビジネスパーソンが陥りやすいパターンそのものであることがわかります。

 一方、認知症を発症しなかった人々は野菜、果物、魚介類など、摂取する食材の多様性が大きく、しばしば健康に良いという食生活をしていることがわかりました。これらの特徴は、ダッシュダイエットとも共通していることもわかりました。

 お店に入って、とりあえずポテトサラダ、次に焼き鳥、お酒を飲んでラーメンを食べて帰るという食生活は、認知症の発症リスクを著しく高める生活パターンである、ということです。

インカ帝国のジャガイモ興亡史

 実は、筆者も居酒屋やビアホールで席に着くと「とりあえずポテサラ」派です。英国のSF作家ダグラス・アダムスの書いた『宇宙クリケット大戦争』の中に「どんなことであれ、重大な問題をジャガイモだけで解決できると思ったら大間違いだ」という名セリフがあります。

 今回の論文では、ジャガイモは悪者のような印象がありますが、何事もやり過ぎは良くなく、適切に摂取する分には理想的な食材のひとつです。ジャガイモの野生種は可食部分が非常に小さく、ソラニンと呼ばれる毒性物質を含むので、食べる前に毒抜きが必要な作物でした。

居酒屋で「まずポテトサラダ」はNG?認知症のリスクを高める食い合わせとはの画像2
ソラニンの構造式
『ココが知りたかった!改正化審法対応の基礎』 化学物質や製品を扱う企業が避けて通れない道、それが「化審法の手続き」。担当になった者は先輩方からいろいろ教わるものの、なかなか難解でなんだかよくわからない……。かといって、わからないでは済まされないし……どうすればいいんだろう!? 本書は、化審法実務のエキスパートが、長年の経験から、実務上で躓きやすいポイントを徹底抽出。わかりにくい部分を、かみ砕いて解説しました。2019年改正にも対応済みなので、すぐに実務で活用していただけます。「化審法に関わるようになってしまった」「化審法に関わることになってしまいそう」そんな方々に必携の1冊です。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ