NEW
渡瀬基樹の「空港から最寄り駅まで歩いてみた」第9回

山口宇部空港からJR草江駅まで歩いてみた…利便性低いが古きよき宇部線のクモハ123系

文=渡瀬基樹
【この記事のキーワード】

,

山口宇部空港からJR草江駅まで歩いてみた…利便性低いが古きよき宇部線のクモハ123系の画像1
山口県が管理する特定地方管理空港である山口宇部空港。本州の空港としては最西端に位置する。(写真はすべて筆者撮影)

【註:本記事の内容は、2019年に取材されたものです。】

 中国地方には現在1県に1つ以上の空港があるが、1970~80年代には、利便性が高いとはとてもいえないような状況だった。日本海側の山陰地方は、1954年に米子空港が、1957年に鳥取空港が、1966年に出雲空港が開港したが、いずれも当初は滑走路が1200mと短く(いずれも1970年代に1500m、1990年代に2000mに延長または新設)、大型機の就航は不可能だった。

 より深刻だったのは瀬戸内海側の山陽地方で、滑走路が1200mだった旧岡山空港(現・岡南飛行場)は、山などの障害物があり延伸は難しかった。結局、現在の岡山空港が1988年に開港するまで、ジェット機の就航は不可能な状況だったのだ。

 旧広島空港(現・広島ヘリポート)も1972年に滑走路を1200mから1800mに延伸したものの、それ以上の拡張は難しかった。着陸時に市街地上空を旋回する必要があるなどアプローチに難があり、住宅地に近いことから騒音問題も頻発するも、1993年に現在の広島空港へ実質的な移転をするまでは、紆余曲折があった。

 中国地方の西端に位置する山口県からは、北九州空港も十分アクセス圏内だったが、こちらも2006年までの旧空港は滑走路が1500~1600mと短く、中大型ジェット機の就航は不可能だった。米軍と自衛隊の滑走路を活用した岩国飛行場も、民間機の定期便が復活するのは2012年まで待たなければならなかった。

 そんな使い勝手のよくない空港が多い中国地方の中で、1970~80年代に唯一存在感を示していたのが山口宇部空港だ(当初は「県営宇部空港」)。1979年に滑走路を2000m化。早々に東京・羽田便にジェット機が使用されている。

山口宇部空港からJR草江駅まで歩いてみた…利便性低いが古きよき宇部線のクモハ123系の画像2
山口宇部空港の位置(Googleマップを利用しています。権利関係はGoogleに帰属しています)
山口宇部空港からJR草江駅まで歩いてみた…利便性低いが古きよき宇部線のクモハ123系の画像3
瀬戸内海に面した場所に位置する。かつては新千歳や那覇、大阪・伊丹便も就航していたが、現在は東京・羽田便のみ。
山口宇部空港からJR草江駅まで歩いてみた…利便性低いが古きよき宇部線のクモハ123系の画像4
2000mの新滑走路が共用化された年の翌1980年に、「県営宇部空港」から「山口宇部空港」に改称。同年に現在のターミナルビルも完成した。

 だが、現在では山口宇部空港はかなり微妙なポジションに立たされている。県庁所在地で、人口では県2位の山口市からは直線距離で約33kmなのだが、人口1位の下関市からは北九州空港のほうが圧倒的に近い(そもそも両空港間の直線距離が約25kmと非常に近い)。

 人口3位の宇部市はともかく、4位の周南市からは岩国飛行場とほぼ同じ距離。5位の岩国市は完全に岩国飛行場の圏内だ。かつては県どころか中国地方を代表する空港であった山口宇部空港だが、現在では山口県内の一部地域のニーズを担うのみとなっているのが現状なのである。

 それにもかかわらず、東京・羽田便が日本航空、全日空、スターフライヤーのトリプルトラックによる1日10往復と、かなり健闘している(2020年7月現在、運休便もあり)。2003年以降、山陽新幹線が新山口駅と徳山駅に「のぞみ」を停車させてから、利用者数が減少していたが、スターフライヤーが就航した2014年頃から再び回復に転じた。宇部市には宇部興産などの大企業も存在しており、堅調なビジネス需要が支えているといえそうだ。

 今回は山口宇部空港から、JR宇部線の草江駅までのレポートをお送りする。歩いたのは2019年初夏である。

山口宇部空港からJR草江駅まで歩いてみた…利便性低いが古きよき宇部線のクモハ123系の画像5
山口宇部空港からもっとも近い、JR宇部線の草江駅。

 利用者のニーズが多い空港はたいてい、建設時あるいは後付けで駅が併設される。ほとんどが大都市のアクセス空港で、羽田・成田・伊丹・関西・神戸・中部・福岡・新千歳・仙台・那覇の各空港がそれにあたる。

 余談だが、上記とは違った形で空港駅が作られたのが宮崎空港だ。創業地である宮崎県北部の延岡市に多くの工場群を抱える化学メーカーの旭化成は、東京や大阪へ出張する社員のため、延岡工場と宮崎空港を結ぶヘリコプターによる社内定期便を運行していた。

 しかし1990年9月、台風の影響でそのヘリコプターが墜落し、10名が死亡する惨事が発生する。旭化成はヘリ便を廃止する一方、延岡と宮崎空港を結ぶ日豊本線と日南線の高速化と、空港アクセスの向上をJR九州と宮崎県に要望。旭化成が3億円弱の費用を負担し、高速化は1994年に完了。アクセス駅も1996年に開業したという経緯がある。

 さて、一方でニーズの少ない空港は、バスによるアクセスが主流だ。ゆえにそうした空港には近くに駅がないので、空港から最寄り駅まで歩いてみる……というのがこの連載の主旨なわけだが、山口宇部空港はその例外にあたる。なんと山口宇部空港からは直線距離で400mほどの距離に、JR草江駅があるのだ。これで「歩いてみた」といっては読者からお叱りを受けそうな近さなのだが、こればかりは仕方ない。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ