NEW
「偉人たちの診察室」第4回・小栗上野介

精神科医が分析する小栗上野介=ADHD説…有能にして傲慢、生涯に70回余の降格・罷免

文=岩波 明(精神科医)
【この記事のキーワード】

, , , ,

精神科医が分析する小栗上野介=ADHD説…有能にして傲慢、生涯に70回余の降格・罷免の画像1
江戸時代末期の幕臣、小栗上野介。日本の近代化のために多方面で活躍したものの、1868年新政府軍に捕縛、斬首される。(写真はWikipediaより)

 幕末の政治家、小栗忠順(小栗上野介)は、勘定奉行、外国奉行などの要職を歴任し、その業績も高く評価されている。ただし、こうした点については、あまり一般には知られていない。

 小栗の祖先は、戦国時代からの松平(徳川)家の家臣という古い家柄である。元は松平姓を名乗っていたということから、主家の血縁であり、江戸時代を通して旗本として徳川家に仕えてきた。

 幕末の混乱期、小栗は30代の若さであったが、海外の知見を幅広く受け入れ、フランスと協力関係を結んで横須賀に造船所を設立するなど、明治時代の先駆となった多くの政策を断行した。

 けれども一般に小栗の名前が語られるのは、幕閣としての評価ではなく、いわゆる「徳川埋蔵金」に関連した人物としてである。

 江戸時代の末期、幕府が密かに「復興」のための軍資金を江戸城から運び出し、地中に埋蔵したという「伝説」がまことしやかに伝えられている。その作戦の首謀者が小栗で、幕府の金塊は、彼の郷里に近い赤城山の山麓に埋められている――というのだ。

勘定奉行・小栗が幕府の金を持ち出した?

 1868年4月、勝海舟と西郷隆盛の交渉の結果、江戸城が無血開城となる。その時、維新軍は江戸城内を捜索したが、城内の金蔵はほとんど空だった。ここで疑われたのが、大政奉還の直前まで勘定奉行を務めていた小栗であった。勘定奉行は、今日の財務大臣に相当する職である。

 これに先立つ1868年1月、鳥羽伏見の戦いで敗北を喫した幕府では、主戦論を唱える小栗と、恭順論を唱える勝海舟らが激しく対立していた。だが最終的に将軍徳川慶喜は主戦論を退け、小栗は幕府の役職を解任されてしまう。

 小栗の身を案じて米国に移住を勧める話もあったが、彼はそれを断って故郷に引き上げることとし、領国である群馬県権田村にもどって隠遁していた。ところが、小栗は幕府の金を持って逃げたと疑われた。

 間もなく小栗自身は、中山道を進駐してきた新政府軍により、反乱の恐れがあると捉えられ処刑されてしまう。もちろん小栗自身に反乱を起こす気などさらさらなく、これはまったくの濡れ衣であった。

 一方で小栗の死からまもなく、「江戸から利根川を遡って来た船から、大勢の人夫が大きな荷物を赤城山中へ運び込むのを見た」と証言する者が現れ、幕府の埋蔵金が赤城山の山麓に埋められていると広く信じられるようになる。

 明治の初年から現在に至るまで、多くの人たちによって埋蔵金の発掘が試みられてきた。一般に、この埋蔵金に関する計画は、桜田門外の変で暗殺された大老・井伊直弼により考案され、秘密裡に作業が進められたと語られている。
 
 ただし、小栗自身はこの計画を知ってはいたが、実際の実行者ではなかったと考えられた。

幕末に赤木山麓へ持ち込まれた埋蔵金?

 埋蔵金の研究者でもあったノンフィクション作家の畠山清行によれば、彼自身が大正の末期から昭和初年に現地調査を行ったときには、利根川から大量の荷物が赤城山中に運ばれた現場を見たという村人たちに直接話を聞けたという。

 さらに驚くべきことには、大量の荷物を運んだ人夫たちが、現場を監視していた侍たちによって、全員殺害されて遺体も隠されたという目撃証言も得られたことだった。

 現代になり、赤城山の埋蔵金はテレビ番組の人気コンテンツとして、TBS系のバラエティ番組などで何度か取り上げられたりもした。実際にかなりの発掘作業も行われ人工的な横穴などは発見されているが、埋蔵金そのものの手がかりは見つかっていない。

 畠山は著書の中で、彼が埋蔵金の存在を信じるようになった経緯を次のように述べている。

 現地を訪れた畠山氏は、まず当時の生き残りの70歳以上の老人を訪ねてきいてみたという。すると、彼らは申し合わせたように、「年代ははっきりしないが、幕末の混乱期に、大量の包み、樽、長持ちなどが山麓に持ち込まれ、相当長期にわたって、この付近では見かけたことのない武士、職人、やくざふうの人物などが、ひんぱんに山に出入りしていた」というのだ。

「幕末に、赤木山麓へ大量の物資が運びこまれ、大勢の人間が相当長期間、なにかをしていた」ということだけは、まちがいない事実として浮かんできたのである(畠山清行『日本の埋蔵金』中公文庫)

精神科医が分析する小栗上野介=ADHD説…有能にして傲慢、生涯に70回余の降格・罷免の画像2
1995年に刊行された、畠山清行による著作『日本の埋蔵金』(中央公論社)

優秀で高い実務能力を持つが、非常に傲慢

 小栗上野介が才能ある人物であったことは間違いないが、彼について気になるのは、その人柄についての描写である。小栗に関する同時代の記述を参照すると、多くの文書は、彼の聡明さ、政治力、将来を見通す能力などを賞賛している。さらに敵側にあたる人間も、彼の能力を認めている。

 新政府軍の大将で、前回の本連載で取り上げた大村益次郎は、小栗の戦略を評価し、「幕府でもし小栗豊後守の献策を用いて、実地にやったならば、我々はほとんど生命がなかったであろう」と述べている。

 また早稲田大学の創設者である大隈重信は、「明治政府の近代化政策は、小栗忠順の模倣にすぎない」と語っている。

 その一方で、小栗は優秀で実務能力も高かったが、傲慢な面が少なからずあったようだ。彼は自説をしっかりと主張することが多く、幕府における上司とはひんぱんに衝突し、昇進と罷免、再度の任官を繰り返した。

 それでも小栗は、幕末におけるもっとも重要な政治家のひとりであったことは確かである。幕末から明治にかけてジャーナリスト、政治家として活躍した福地源一郎(桜痴)は、小栗を幕末の政治家三傑のひとりとして持ち上げたが、その人柄に難のあったことも述べている。

「……その精励は実に常人の企及するところにあらざりなり。その人となり精悍敏捷にして多智多弁、加うるに俗吏を罵嘲して閣老参政に及べるがゆえに、満廷の人に忌まれ、常に誹毀の衝に立てり。小栗が修身十分の地位に登ぼるを得ざりしはけだしこのゆえなり」(福地桜痴『幕末政治家』岩波文庫)

 つまり小栗は、有能で仕事熱心であったが、周囲への配慮がなくずけずけとものを言い、他を罵倒することを繰り返したため、人々からは嫌われて非難の対象となり、十分な地位を得られなかったというのである。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合