東京都知事選“史上”に残る強烈&過激な候補者7人…外山恒一、赤尾敏、太田竜の画像1
ドクター・中松オンライン」より

 過去最多の22人が立候補した、東京都知事選挙。今回も個性的な候補者が並んでいるが、過去の立候補者にもユニークな人物が多かった。

内田裕也

 昨年3月17日に亡くなった内田裕也は、1991年に都知事選に立候補している。晩年は樹木希林の40年以上別居中の夫として認識されていたむきのある内田だが、ロックンロールシンガーであり、『コミック雑誌なんかいらない!』『魚からダイオキシン!!』『水のないプール』などの映画で主演するなど俳優としても活躍した。

 1977年には大麻取締法違反で逮捕。1983年にはウドー音楽事務所で、「外国人ばかり使うな!」と包丁を振り回しながら叫び、銃刀法違反で逮捕。2011年には、交際していたキャビンアテンダントにストーカーし、強要未遂と住居侵入の罪で原宿署に逮捕された。内田は自らの口癖である「ロッケンロール!」そのものの破天荒な人生を送ってきた。

 内田裕也の政見放送は、ジョン・レノンの曲『パワー・トゥ・ザ・ピープル』の独唱から始まり、「マイネームイズ ユウヤウチダ」と英語での自己紹介が始まった。その途中で「自分はフランス語も流暢に喋る」と英語で言ってから、フランス語での話が続く。最後はロックバンド「頭脳警察」の曲『コミック雑誌なんか要らない』の独唱。「ラブアンドピース トウキョウ」の言葉で締めくくられた。

 内田は5万4654票を得て、16名の候補者のうち5位だった。

外山恒一

 2007年に立候補した、外山恒一も政見放送が話題になった。アナウンサーが「外山恒一36歳。反管理教育運動を出発点に、異端的極左活動家となり、いまどき政治犯として2年投獄され、現在に至る。反体制知識人」と経歴を紹介。外山は「こんな国は滅ぼせ」「私には建設的提案などひとつもない」「諸君の中の多数派は私の敵だ」「少数派の諸君、今こそ団結して立ち上がらなければならない」「選挙で何かが変わると思ったら大間違いだ」「選挙なんか多数派のお祭りでしかない」と語った。立候補者でありながら、選挙を否定してみせたのだ。

 筆者は外山とカラオケに行ったことがあるが、彼の歌のクオリティの高さに舌を巻いた。外山はストリートミュージシャンで稼いで、ファシスト政党「我々団」を結成するなど、さまざまな活動を行っているのだと聞いた。『最低ですかーっ!—まったく新しい政治犯 外山恒一語録』(不知火書房)、『良いテロリストのための教科書』(青林堂)、『全共闘以後』(イースト・プレス)など著書も多い。

 外山は1万5059票を得て、14名の候補者のうち8位だった。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ