NEW
渡辺雄二「食にまつわるエトセトラ」

市販の梅干し、安全性に問題か…長期保存可の罠、原材料・ビタミンB1は実は保存料

文=渡辺雄二/科学ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

市販の梅干し、安全性に問題か…長期保存可の罠、原材料・ビタミンB1は実は保存料の画像1
「Getty Images」より

 市販の梅干しのほとんど、さらにカップラーメンや袋入り即席めんの多くに、原材料名に「ビタミンB1」、あるいは[V.B1]の文字があります。つまり、食品添加物のビタミンB1が添加されているということです。

 ビタミンB1といえば、欠乏すると脚気などを起こす重要な栄養素です。したがって、消費者の目には、その大切な栄養素を添加物で強化しているように映ります。しかし、実際には違うのです。梅干しに添加されているビタミンB1は、保存料の代わりとして、日持ち向上の目的で使われているのです。

 もともとビタミンB1は、豆類、緑黄色野菜、豚肉、牛乳などに含まれる栄養素で、欠乏すると脚気のほか、しびれや筋肉痛などを起こします。ビタミンB1は、チアミンともいい、その化学構造は解明されており、化学的に合成されています。

 しかし、梅干しに添加物として使われているのは、チアミンそのものではないのです。その類似物質の一つが使われているのです。その類似物質とは、チアミン塩酸塩、チアミン硝酸塩、チアミンセチル硫酸塩、チアミンチオシアン酸塩、チアミンナフタレン―1,5―ジスルホン酸塩、チアミンラウリル硫酸塩の6品目です。

 チアミン塩酸塩は、チアミンに塩酸を結合させることでつくられます。そして、チアミン塩酸塩をもとに、チアミン硝酸塩などほかの5品目が製造されています。

 これら6品目は、別個の化学物質であり、性質や毒性も違います。しかし、チアミンの類似物質ということで、いずれもビタミンB1として食品に使うことが認められています。しかも、どれを使っても「ビタミンB1」という表示でよいので、消費者には6品目のうちどれが使われているのか、わかりません。

 梅干しに使われているのは、チアミンラウリル硫酸塩です。なぜなら、上の6品目のうちで一番防腐効果が高いからです。

 一般に梅干しは塩分が多いため、「しょっぱい」「高血圧の原因となる」という消費者の声がありました。そこで、製造会社では、食塩を減らした製品をつくる傾向にあります。また、はちみつや糖類を加えた甘い梅干しもあります。

 すると、当然腐りやすくなり、梅干しの最大のメリットである長期保存が困難となります。そのため、防腐効果のあるチアミンラウリル硫酸塩を添加しているのです。梅干しに保存料を添加することでも、腐りにくくすることはできますが、その場合「保存料」という表示をしなければなりません。すると、保存料を嫌う消費者が多いので、その製品の売れ行きが悪くなる心配があります。

 ところが、チアミンラウリル硫酸塩を使えば、「ビタミンB1」という表示で済みます。しかも、消費者の目には、ビタミンB1が強化されている製品と映り、かえって売り上げが伸びることが期待できるのです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ