収納ケース「フィッツ」の天馬、前代未聞の内紛勃発…執行役員人事が“不明”の事態にの画像1
天馬の家庭用収納ケース「フィッツ」(通販サイト「Amazon」より)

 家庭用衣装ケースの「Fits(フィッツ)」で知られるプラスチック加工会社、天馬(東証1部上場)で前代未聞の反乱劇が起きた。創業メンバーで名誉会長だった司治(つかさ・おさむ)氏(86)と執行役員8人が反旗を翻した。司氏は「天馬のガバナンス向上を考える株主の会」を立ち上げ天馬株式の約24%を掌握。創業家の経営からの離脱と経営陣の総入れ替えを要求した。

 会社側は「不当な経営介入は看過できない」として、司氏を名誉会長から解任した。双方が株主総会に向けて委任状争奪戦を繰り広げた。勝つのは会社側か司氏ら株主側か。天馬の株主総会は6月26日、東京・北区王子の「北とぴあ」で開かれた。双方が勝ち、双方が敗れるという奇妙な結果となった。

 会社提案の議案のうち創業家出身で常務の金田宏氏(42)ら3人の取締役選任案が否決された。金田氏の賛成比率は43.29%にとどまった。創業家の金田氏が7代目社長になる芽は閉ざされた、とみられている。株主側の勝利である。

 一方、名誉会長の司治氏が出していた執行役員8人を取締役に選任を求める株主提案は否決された。株主側の完全な敗北だ。天馬は26日付で藤野兼人社長(67)が退任し、取締役に就任した広野裕彦執行役員(50)が社長に就任した。

ベトナムでの贈賄事件をきっかけに名誉会長が役員の退陣を迫る

 ことの発端は昨年12月、ベトナム子会社で発覚した贈収賄事件である。第三者委員会(委員長:早川明伸弁護士)の調査報告書によると、子会社社員が17年に現地の税関局から調査を受けた際、高額の追徴金が必要だと指摘され課徴金を支払った。19年とあわせ計2500万円相当の現金を渡した。これが会社全体を揺るがす大騒動となった。

 経営責任をめぐり創業家間の確執が一挙に火を吹いたからである。天馬は1949年、長男・金田忠雄、次男・金田保彦、三男・神田哲民、四男・司治の4兄弟が、東京・荒川区で日用品雑貨やゴム履物の製造販売を始めたのが始まりだ。長男・次男・四男の順で社長を継いだ。3代目社長の司治・前名誉会長は「創業家は会社の業務執行から退くべき」との考えから、後継には2代続けて住友銀行出身者を指名。6代目社長となった藤野氏が初のプロパー社員出身である。

 今年6月の株主総会前までの役員は、2代目社長・金田保彦氏の長男、金田保一氏(75)が会長、名誉会長・司治氏の長男、司久氏(57)が専務、会長・保一氏の長男、金田宏氏が常務という、典型的な同族経営である。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ