婚活市場に急増中の「子供部屋おじさん&おばさん」は相性最悪?地獄の婚活攻防戦の実態の画像1
「gettyimages」より

 成人後も親元を離れず、中年になっても実家の子供部屋で暮らす「子供部屋おじさん」が婚活市場に急増しているという。ただでさえ、男性は婚活で厳しい局面に立たされることが多いと言われるだけに、苦戦を強いられるであろうことは想像にかたくない。また、婚活市場では同様に「子供部屋おばさん」の存在も目立ち始めているという。

 その実態について、結婚相談所マリーミー代表で婚活アドバイザーの植草美幸氏は「婚活市場に現れる子供部屋おじさんには、いくつかの共通点があります」と語る。

 一番多いのが、実家が東京近郊で職場がそう遠くない、または地方出身者で地元で就職している場合など、ひとり暮らしをする必要に迫られていないケースだという。なかには、バツイチで実家に出戻り、再び子供部屋で生活している例もあるようだ。そして、彼らに共通するのは「親との絆が異常に強い」ことだという。

「35歳の子供部屋おじさんが、交際している女性を両親に会わせた際のことです。帰り際に彼女を送っていこうとすると、母親が駆け寄って来て、『外は寒いわよ』とマフラーを自分の首にかけてきました。おじさんは当たり前のように『ママ、ありがとう』。その光景を見た女性がドン引きして、破談となりました。いまだに出かける前の服装チェックを母親にしてもらっている、という男性もいます」(植草氏)

 親子の関係性は、いつまでも時が止まったままなのだろうか。また、父親との絆が強いケースもあるという。

「結婚後、3カ月で男性側が夫婦生活に耐えられなくなり、実家の子供部屋に戻ってしまったケースもありました。その際、彼の父親が出てきて『うちの子がかわいそう!』と言うんです。男性が実家に戻ったのは、家事をやるのがしんどいというのが主な理由。ずっと実家暮らしの子供部屋おじさんにとって、ご飯も洗濯もお風呂も用意されているのが当たり前。会社を往復するだけで、あとの時間はゲームやネットなど趣味にあてる生活から抜け出せないんです」(同)

 当然ながら、そういった子供部屋おじさんの家事能力は皆無に等しく、公共料金や食費などを自分で支払ったことがないため、経済観念がずれているケースも多いという。そのため、とかく経済面に厳しい目を向けられがちな婚活市場では女性ウケが悪く、需要は低いようだ。

子供部屋おじさん&おばさんの相性は最悪

 一方、子供部屋おばさんは、世の中的にもそう珍しい存在ではない。低賃金ゆえにひとり暮らしをする余裕がない女性や、シングルマザーで実家に出戻るなどの致し方ないケースも多く、世間の風当たりは男性よりは弱いだろう。

「男性に比べれば、子供部屋おばさんのほうが結婚しやすい傾向にあります。ただ、ずっと実家暮らし=家事ができないと思われるのはマイナスポイントなので、婚活の際は必ず家事能力をアピールするように伝えています。ある程度、花嫁修行をしてから婚活に挑んでいただく場合もあります。中には、お米を炊いたことも包丁を持ったこともないという女性もいるので」(同)

 では、子供部屋おじさんと子供部屋おばさんのマッチングは成立するのだろうか。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ