ユニクロ、コロナ禍で圧倒的な強さを発揮…大幅減収からV字回復、懸念は韓国市場の画像1
ユニクロの店舗(撮影=編集部)

 ユニクロが、ここにきて強さを見せつけている。6月の既存店売上高は前年同月比26.2%増と大きく伸びた。3~5月は大幅減となっていたが、一転して大幅増となっている。ユニクロにいったい何が起きているのか。

 5月までは一部店舗で臨時休業を余儀なくされていたが、6月はほとんどの店舗で営業を行うことができた。また、6月は気温が高い日が多く夏物商品の需要が高まったほか、中旬から下旬にかけて開催したキャンペーン「ユニクロ誕生感謝祭」が好調だった。こうしたことが好業績につながった。6月は引き続き高い客単価を実現(10.8%増)し、マイナスが続いていた客数は大幅増(13.9%増)に転じ、大幅増収となった。

 6月はマスクを販売したことで注目を集めることにも成功した。通気性などが優れる高機能素材「エアリズム」を使ったマスクを19日に発売したが、あっという間に売り切れになった。マスクを求める人で店舗はごった返し、「新型コロナウイルスの感染リスクが高い状態で売っている」といった批判の声もあったが、それはともかく、このマスクの販売で集客と注目を集めることに成功した。

 6月前までは厳しい状況が続いていた。コロナ禍の既存店売上高は3月が27.8%減、4月が56.5%減、5月が18.1%減と大幅減が続いていた。コロナ禍前も厳しく、2月こそかろうじて前年を上回ったものの、昨年9月から今年1月までの5カ月はすべて前年を下回っている。

 こうした状況もあり、運営会社のファーストリテイリングの2019年9月~20年5月期連結決算(国際会計基準)は厳しいものとなった。売上高にあたる売上収益は前年同期比15.2%減の1兆5449億円、純利益は42.9%減の906億円となった。大幅な減収減益だ。

 衣料品業界の王者、ユニクロも新型コロナには勝てないかに見えた。だが、6月は大幅増収を達成した。また、7月と8月は前年並みの売り上げを見込んでいる。こうしたことから、20年8月期通期の業績は小幅な減収減益にとどまる見込みだという。

 6月は先述したとおり、ほとんどの店舗で営業ができたほか、気候に恵まれたり、キャンペーンが奏功したことが好調な業績につながっており、やや特殊な状況だったといえる。そのため、6月の業績はコロナ禍におけるユニクロの実力を測るモノサシにはならない。では何がモノサシになるのかといえば、7月と8月が前年並みの売り上げを見込んでいることだろう。大幅な前年割れが見込まれる小売り企業が少なくないなか、前年並みを確保できる見込みが立ったというのは、コロナ禍における強さの証といえそうだ。

 コロナ禍では外出を控えて自宅で過ごす人が増えることから、衣料品はベーシックなものが好まれている。また、節約志向が強まることが見込まれていることから、低価格のものも好まれる。こういった衣料品を多く扱うユニクロは、コロナ禍に強いといえるだろう。実際、ユニクロではコロナ禍においてベーシックアイテムの需要が高まったという。これがユニクロのコロナ禍における強さの源泉となっているのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ