NEW
渡辺陽一郎「いちばん詳しい『人気の新車』完全ガイドシリーズ」

新型ハリアー、発売1カ月で受注4.5万台&納車最大6カ月待ちに…高価格でも大人気の秘密

文=渡辺陽一郎/カーライフ・ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , ,

新型ハリアー、発売1カ月で受注4.5万台&納車最大6カ月待ちに…高価格でも大人気の秘密の画像1
トヨタの「ハリアー」(「トヨタ ハリアー | トヨタ自動車WEBサイト」より)

どんなクルマなのか?

ハリアー」はトヨタ自動車の上級SUVです。以前は「レクサス」RXの日本仕様でしたが、2009年からは国内でも海外と同じRXを売るようになりました。この時点でハリアーを消滅させることも可能でしたが、人気が高く、トヨペット店の基幹車種にもなっていたので、RXとは異なる国内向けのハリアーを開発しました。それが先代ハリアーです。2020年6月17日にフルモデルチェンジを受けて、今は新型が売られています。

人気を得ている理由

 SUVは悪路を走るクルマとして生まれたので、大径タイヤの装着など外観が個性的です。ボディの上側はワゴンに準じた形状なので、居住性や積載性も優れています。カッコ良さと実用性を兼ね備えることから、SUVは人気のカテゴリーになりました。

 ハリアーはSUVの上級車種で人気も高く、レクサスRXの日本仕様だった初代モデルから好調に売れています。Lサイズのボディによって前後席ともに車内は広く、内外装は日本のユーザーの感覚に合わせて上質につくり込みました。

 現行型はエンジンやプラットフォームを「RAV4」と同じタイプに刷新しています。エンジンは直列4気筒2Lと、2.5Lのハイブリッドで、駆動方式は前輪駆動の2WDと4WDを選べます。ハイブリッドの4WDは、後輪をモーターで駆動するE-Fourです。

気になる8つのポイントチェック&星取り採点

(1)居住空間の広さとシートの座り心地

★★★★☆

 前後席ともに座り心地は快適です。SUVなので頭上の空間に余裕があり、後席の足元スペースも広いです。

(2)荷物の積みやすさとシートアレンジ

★★★☆☆

 リヤゲートを寝かせたので、背の高い荷物は積みにくいですが、荷室の床面積は十分に確保されています。

(3)視界や小回り性能など運転のしやすさ

★★☆☆☆

 全長は4740mm、全幅は1855mmとワイドなので、ボディが大柄に感じます。ななめ後方の視界も不満です。

(4)加速力やカーブを曲がるときの安定性

★★★☆☆

 ハイブリッドはノーマルエンジンに比べて車両重量が約80kg重く、ボディの傾き方と揺り返しが大きめです。

(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★★☆

 乗り心地は低速域では少し硬いですが、SUVでは快適な部類に入ります。内装のつくりも上質です。

(6)燃費性能とエコカー減税

★★★★☆

 LサイズのSUVですが、ハイブリッドの燃費性能は1.3Lエンジンを搭載するコンパクトカーよりも優れています。

(7)安全装備の充実度

★★★★☆

 衝突被害軽減ブレーキは、歩行者や自転車も検知します。後退時に衝突被害軽減ブレーキを作動させる機能も選べます。

(8)価格の割安感

★★★☆☆

 充実装備で内外装も上質ですが、売れ筋のG(2WD)はノーマルエンジンが341万円、ハイブリッドは400万円です。

選ぶときに確かめたい3つのメリット

・車内が広く、内装のつくりも上質です。乗り心地も良いので快適に移動できます。

・ハイブリッドは加速がなめらかで、急加速時を除くとノイズも小さいです。

・スイッチで明るさを変えられるガラスルーフも選べます(Zにオプション設定)。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ