ワークマン強さの源泉、納品量はメーカー任せ&全量買い取り&返品なし…なぜ実現可能?の画像1
ワークマンプラスの店舗(「Wikipedia」より)

 建築現場などで働く職人たち向けの作業服や安全靴を売っていたワークマンは、安価でありながら高機能な商品がアウトドア愛好家に着目されるようになった。ワークマンはそうした需要に応えた商品もつくり出すようになり、アウトドア向け商品に特化した「WORKMAN Plus」を、2018年にららぽーと立川立飛に開店。ワークマンの商品はライダー、登山家、釣り師、狩猟者などのアウトドア愛好家のみならず、厨房向けの滑らない靴が妊婦に買われていくなど客層を広げた。ワークマンは国内の店舗数でユニクロと競っている。

 ワークマンの経営で注目されているのが、「善意型SCM(サプライチェーンマネジメント)」だ。どれだけ納品するかという判断をメーカーに任せ、納品された製品はすべて買い取り、返品はしないというものだ。

 これをどう見るか。セブンイレブンでディストリクト・マネージャーとして約120店の経営指導をした経験を持つ、小売業・物流コンサルタントでBelieve-UP代表取締役の信田洋二氏から聞いた。

「セブンイレブンでもプライベートブランドのセブンプレミアムなどは、全量買い取りをしています。その場合、メーカーとはかなり詳細なすりあわせをします。例えばお菓子をつくる時に、その包装材が1ロットから70万個とか80万個とかできるというメーカー側のさまざまな状況に合わせて生産量を決めていきます。容器をつくる場合でも、新たな金型をつくるわけですから1000や2000では利益が出ないわけで、1万以上ないとメリットがありません。そういうことを総合して生産量を決めていきます。

 商品はまず全国の店舗に並べて、売り切れなさそうだと売れているエリアの店舗に集めたり、海外に持っていくなどして、極力全部売り切るようにしています。容器メーカーに聞いたんですけど、ローソンもファミリーマートも、もうこの容器は使いませんからと商品の終売の案内が来て、メーカーに戻ってくるそうです。ローソンで15%ほど、ファミリーマートに至っては30%ほど戻ってくるということです。

 メーカーからするとほかに転用できないので、廃棄するか、溶かして原材料にするしかない。すごいコストがかかるわけです。つくった分だけちゃんと買い取ってくれるというのは、これほどありがたいことはないわけです。そうするとセブンイレブンからの注文を受けているメーカーは、これをなんとしてでも維持しないといけない、と必死になります。品質管理をものすごくシビアにするので、不良品や規格外のものが極端に少なくなります。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ