NEW
野村直之「AIなんか怖くない!」

まだシンギュラリティなんて信じているのですか? AIと指数関数の限界への無知

文=野村直之/AI開発・研究者、メタデータ株式会社社長、東京大学大学院医学系研究科研究員
【この記事のキーワード】

, ,

まだシンギュラリティなんて信じているのですか? AIと指数関数の限界への無知の画像1
「gettyimages」より

 令和1号ライダーの『仮面ライダー ゼロワン』(テレビ朝日系)、ご覧になってますか?  私は昨年9月1日の放映直前に『令和ライダーはAI社長でシンギュラリティを打ち倒す!』という記事を書きました。ファンタジー、エンタメとしてなかなか素晴らしい番組です。教師、寿司職人、消防士、経営者などさまざまな職業、仕事をしている姿を描き、子供たちにSF世界のAI(人工知能)搭載ロボットがそれらをどう代替できるか問いかけています。子供たちが、様々な仕事のエッセンスを学べるようになっています。

仮面ライダー ゼロワン』ではその後、社長秘書ロボットのイズちゃんはじめ、何体かのAIロボット(ヒューマギア)がシンギュラリティに達し、本物の心、夢と希望をもって人間に協力するようになった様子が描かれます。映画『ターミネーター』以来、機械が本物の知能をもって自分で自分を進化させられるようになれば、予測不能の猛スピードで超知能となって人類を滅ぼそうとするイメージとは正反対です。

 楽観、悲観のどちらであっても、エンタメとしてのシンギュラリティなら大いに結構。しかし、企業の経営戦略を考えたり、国家の5年、10年、そして人の1世代分、30年程度のビジョンを考えたりするのに、シンギュラリティを論じるのは有害無益、と筆者は主張してまいりました。

免疫機構をAIで実現してほしいとするカーツワイル氏

 ミスター・シンギュラリティといえば、レイ・カーツワイル氏です。書籍『シンギュラリティは近い』(NHK出版)以来、多数の講演や著作で世界中にこの言葉を広めた推進役となりました。カーツワイル氏は、ノーム・チョムスキーら5人の「知の巨人」のインタビューを編集した『人類の未来 AI、経済、民主主義』(NHK出版新書)にも登場します。彼のインタビュー部分は、2016年9月収録です。この中で、コロナ禍の現在、瞠目する発言を見つけたので引用します:

<スマートフォンなどの)デバイス(機器)は、主にコミュニケーションの手段ですが、二〇三〇年ごろには、これらのコンピュータ・デバイスは、血球ほどの大きさになります。血球サイズのロボットが、血液中に入って、免疫システムを補助するようになるでしょう>

 彼曰く、「AIによる寿命の延長」の一例として、血球サイズのロボットが免疫システムを補助し、T細胞のインテリジェンスを強化するかたちでバクテリアを認識して攻撃する。そして、人類がこんな長寿命になる以前に免疫システムが出来上がってしまっていたために老年特有の病気に対応できていない問題を解決するだろう、といいます。その時代まで生きて、現在の平均寿命の2.5倍の寿命を獲得するため、毎日200錠以上のビタミン剤や薬品を摂取しているとのこと。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ