NEW

スマホの5Gは“つながりにくい&通信料割高”…利用者になんのメリットもない

文=加藤純平/ライター
【この記事のキーワード】

, ,

スマホの5Gは“つながりにくい&通信料割高”…利用者になんのメリットもないの画像1
「gettyimages」より

「2時間の映画が3秒でダウンロードできる」

 そんな触れ込みで、5Gがもてはやされていた。この5Gは、AIや4K、ARなどのテクノロジーともセットにされ、世界をガラリと変える立役者のような持ち上げられ方をしていた。2020年の3月には満を持して商用化がスタート。すでに都市部を中心にサービスが開始されている。

 そんな鳴り物入りでスタートした5Gだが、蓋を開けて見れば世界を変える動きは一向に見られない。「5Gを使っている知り合い」がいない人も多いのではないだろうか。サービス開始前には大きな注目も期待も集めていた5Gだが、この先数年は“使い物”にならないだろう。世界を変えるポテンシャルは持っているが、まだ時期尚早。キャリアのマーケティングに乗せられて騒ぐ必要はないのだ。

 ではなぜ数年は使い物にならないのか。

 現状を見てみると、ネット通信のニーズはきわめて高くなっている。特に、動画サービスは隆盛を極めている。YouTubeやNetflixは大人気であるし、Zoomなどビデオ会議ツールもビジネスの現場では当たり前の存在となった。そう考えると、4Gに比べて最高速度が100倍ともいわれる超高速性を持つ5Gは、すぐさまヒットして当たり前と思われる。

 だが、「つながりやすさ」と「料金」の2つの面において、ここ数年で5Gが普及していくことは考えづらい。

つながりやすさ

 順に見ていこう。まずはつながりやすさだ。

 一口に「電波」といっても、「周波数」によって、つながりやすさは大きく異なる。ここで、ソフトバンクがボーダフォンから日本法人を買収し、モバイル業界に参入した頃を思い出してほしい。「ソフトバンク=つながりにくい」というイメージがあったはずだ。これはイメージではなく、本当につながりづらかった。この悪評の原因は、ソフトバンクが使用していた周波数に由来する。当時のソフトバンクがメインで使用していたのは、「2.1GHz帯および1.5GHz帯」だった。一方で、ソフトバンクに比べて「つながりやすい」と言われていたNTTドコモとauは800MHz帯を使用していた。

 いったい何が違うのか。実は、周波数が高いと電波の「直進性」が強い。いわば、まっすぐ進むのは得意なのだが、回り込むような動きは苦手なのだ。すると、建物の裏側や山間部などでは、電波が届きづらかった。

 しかし、今ではソフトバンクに「つながりづらい」というイメージはなくなった。これもまたイメージではなく、本当につながりづらさはなくなった。今回も周波数が影響しており、ソフトバンクは12年に晴れて900MHz帯の通信が利用できるようになり、ドコモやauと肩を並べるようになった。ソフトバンクはこの時「プラチナバンド」と大々的に宣伝したことは記憶に新しい。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ