NEW
ブランディングの専門家が語る、コロナに打ち勝つ社員ブランディング(2)

串カツ田中&塚田農場の“社員ブランディング”がスゴい理由…バイトテロとは無縁の教育?

松下一功/ブランディング専門家、構成=安倍川モチ子/フリーライター
【この記事のキーワード】

, , , ,

串カツ田中&塚田農場の社員ブランディングがスゴい理由…バイトテロとは無縁の教育?の画像1
串カツ田中の店舗(「Wikipedia」より)

 みなさん、こんにちは。元グラフィックデザイナーのブランディング専門家・松下一功です。

 前回、会社選びのタブーと、長引くコロナ禍の中で苦戦を強いられながらも健闘している飲食業界の星をいくつかご紹介しました。「給料で会社を選ぶのはよくない」と納得する点もあれば、「顧客サービスを行うことが社員教育にもなっている」といった新しい発見もあったのではないでしょうか?

 後半の今回は、「共創」から一歩進んで、今トレンドの「ジョブ・クラフティング」の概念や、その先の最新社員ブランディング論をご紹介します。

「ジョブ・クラフティング」とは?

 私が「社員ブランディング2.0」と呼んでいる、現在のトレンドにあたるジョブ・クラフティング。どこかで聞いたことがある方も多いでしょう。これは2000年頃にアメリカで提唱された概念で、上司や会社のルールに従うのではなく、社員一人ひとりに主体性を持たせて、仕事にやりがいを見いださせるという方法です。ここから、「やりがいが報酬である」という間違った考え方が派生して、「やりがい搾取」として問題になったこともあります。

 これらのことから、やりがいと報酬は切り離して考える必要があると思いますが、ジョブ・クラフティングが持つ概念そのものは、とても素晴らしいと思います。バリー・シュワルツ著『なぜ働くのか』から、ジョブ・クラフティングを説明するときによく使われる2つの話で、簡単に説明しましょう。

 3人のレンガ職人に、それぞれ「あなたは何をしているのか?」と問いました。すると、1人目は「親方の命令でレンガを積んでいる」と言い、2人目は「レンガを積んで塀をつくっている」と答えました。そして、3人目は「お祈りをしに来るたくさんの人のための大聖堂をつくっている」と言いました。

 もうおわかりだと思いますが、3人目のレンガ職人は、仕事への不満やストレスはなく、やりがいを感じながら仕事に打ち込んでいることが予想されるでしょう。

 次に、「主体性を持って仕事にあたる」ということも説明しましょう。

 ある病院で、掃除係が重篤患者の親族が座る待合室をそのままにして仕事を終わらせました。掃除係が掃除をしないなんて、これはれっきとした業務違反に当たります。しかし、その理由を聞くと、「重篤患者を待つ親族のまわりを掃除することは、病院のホスピタリティに欠ける行為だと判断したからだ」と答えたそうです。

 この掃除係のように、自分で考えて自分の仕事をつくることがジョブ・クラフティングです。このように、社員に主体性を持たせている企業は日本にもあります。代表的なところでは、みなさんも知っている「串カツ田中」「塚田農場」です。

 串カツ田中は、「串カツを日本を代表する食文化にする」ことを掲げ、自社で「串カツ検定」を設けています。会社全体で共有できる明確な理念を持ち、その下で検定を行っている点は、「社員ブランディング2.0」の一歩先を行っていると言えます。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ