NEW
さんきゅう倉田「税務調査の与太話」

ハーバード大卒の天才社長、私的支出を経費計上…家族での外食、子どものゲーム代も

文=さんきゅう倉田/元国税局職員、お笑い芸人
【この記事のキーワード】

, , ,

ハーバード大卒の天才社長、私的支出を経費計上…家族での外食、子どものゲーム代もの画像1
「Getty Images」より

 元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きなボードゲームは「帳簿並べ」です。

 国税局に入って税務調査をする人たちは、そこそこ賢いというか、勉強ができてさらに公務員試験で広く浅く社会人として最低限習得すべき知識を有している人たちが集まります。ぼくは理系の出身ですが、大学で学ぶことのなかった経営学、社会学、経済学、憲法、行政法、政治学を知ることで、人間として豊かになったように思います。

 それでも、研修中に行われる試験やディベートの様子から考えると、ぼくはやはり芸人になるべき「いい加減で、適当な、愚か者の恣意的な」人間であって、同期や先輩たちは優秀な人格者の集まりでした。その合理的な考え方や美しい発想は、ぼくに素晴らしい経験を与えてくれました。もちろん、非効率的で、愚かしい上司もいましたが、そんな人は少数派で、さらにそんな人でも、調査能力に優れているなど、秀でた部分があるのでした。

 そんな人々なので、年端が行かなくとも、税務調査を受ける社長さんたちと同じレベルで会話ができ、帳簿を確認して非違を見つけることができるのだと思います。

 しかし、圧倒的な知能・知識を持っている社長も時折現れます。あるときの税務調査対象者は、ボードゲームのAI(人工知能)を開発する米ハーバード大学卒の方でした。

 その社長は、自宅を法人の本店所在地にして、その一室で仕事をしていました。そういう場合は地代家賃を確認しますが、この自宅兼事務所の家賃を法人の損金にはしていませんでした。

 業務内容について聞き取ると、このボードゲームのAIは世界中でまだ誰も開発できておらず、その複雑な盤面を解析するために「カオス理論」や「超ひも理論」を用いなければならないようで、無知を隠さない陽気なぼくは、それらの理論の説明を受けたものの、さっぱり理解できませんでした。まるで自分が人型の単細胞生物になったような気分になり、よくわからないまま調査を進めることになりました。社長の前で取ったそのあとの昼食は、すずと鉛の混合物を食べているようでした。

家族での食事や子ども用のゲーム機を経費計上

 しかし、いくら専門的で高度な開発を行っていても、税法に詳しいかというと、そんなことはなく、経費の取り扱いの誤りなどがあるわけです。

 領収書を確認すると、自宅近くのファミリーレストランでの食事や流行のゲーム機の購入を経費にしているようでした。ファミリーレストランは、2人ないし4人での利用が多く、この4人というのは社長の家族の人数と同じです。従業員もおらず、取引先もほとんどないこの会社で、ファミリーレストランを利用する目的はなんなのか。合理的な説明を求めたいところです。しかし、社長さんは訴追の恐れもないのに、回答を差し控えました。

 また、ゲームについて確認すると、ボードゲームのAIの開発を主たる業務としているため、テレビゲーム業界の動向に詳しくなければならず、最新のゲームは一通り子供に買い与えているとのことでした。「それについて、何かレポートなり、記録なりはありますか」と確認すると、子供にも書かせていないし、自分が口頭で聞いているだけと言うのです。

関連記事