トヨタ、クラウン・ポルテ・スペイドも生産終了…“容赦なき改革”を止めない巨大企業の画像1
トヨタ・クラウン(「Wikipedia」より/TTTNIS)

 日本を代表する自動車メーカーであるトヨタ自動車。今年7月に米自動車メーカー、テスラに時価総額で抜かれてしまったものの、コロナ禍で業績を回復させ、9月には世界販売台数が9カ月ぶりに前年同月比で増加するなど、その強さは健在だ。

 そんなトヨタは2018年11月開催の全国トヨタ販売店代表者会議で、25年までに車種を30程度にまで減らしていくという指針を発表。すでにさまざまな車種が統合、生産終了され、最近では9月中旬に居住性と取り回しに優れたハイトワゴンのポルテとスペイドが生産を終了した。

 さらに、11月11日にはトヨタを代表する高級車・クラウンが生産終了するという報道も。クラウンは1955年にトヨタのフラッグシップカーとして誕生し、そのネームバリューの高さから「いつかはクラウン」というキャッチコピーが生まれるほど、長い間憧れの眼差しを向けられてきた車種。

 なぜトヨタでは今、車種の整理が進められているのだろうか。その理由を、かつて池袋で営業されていたトヨタ直営のショールーム「アムラックス東京」に勤務していた経験のある、All About「車」ガイドの小池りょう子氏に聞いた。

新車種の台頭やトレンドの移り変わりで、クラウンさえ淘汰?

 ポルテとスペイドの特徴は、助手席側に大開口のスライドドアが取り付けられていることにある。広々とした開口部によってベビーカーを畳まずに乗せられることや、車いすのまま乗ることが可能なのだ。

 ファミリー層の支持を得たポルテとスペイドが生産中止となった要因は、同じくハイトワゴンに分類されるルーミー、タンクの登場にあるという。

「スペイドは2012年に登場した車種で、ポルテは04年に初代が登場し、フルモデルチェンジした2代目が12年に登場しており、その当時はこういった車は目新しいものでした。しかし16年に登場したルーミーとタンクがスタイリッシュかつモダンなデザインで好評を博し、ポルテとスペイドの人気は低迷してしまったんです。

 また、ハイトワゴンと同じく居住性に優れたSUVにコンパクトな車種が登場したことも、生産終了の理由のひとつだと思われます。これまで日本でSUVは大型で取り回しづらいことから流行していなかったのですが、小型化したSUVが各メーカーから登場しており、デザインに惹かれたユーザーがハイトワゴンから流れていってしまったのでしょう」(小池氏)

 生産終了が囁かれるクラウンについても、トヨタの高級車として人気のレクサスやアルファードの存在や、クラウン自体の知名度の低下が影響しているのだという。

「40代ぐらいの方々から見てもクラウンは“部長になったおじさんが乗る車”というイメージがあり、自動車業界で活躍されているジャーナリストや編集者でも、クラウンに乗っている方は多くないという印象があります。ですから、さらに若い世代となると、クラウンと聞いてもピンとこない方も多いでしょう。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合