NEW

谷川浩司、羽生善治、藤井聡太…将棋界の天才3人に“意外な共通点”があった

写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

谷川浩司、羽生善治、藤井聡太…将棋界の天才3人に“意外な共通点”があったの画像1
谷川浩司九段

 谷川浩司、羽生善治藤井聡太――。将棋界の近年の天才棋士3人。その経歴を見ると、なぜか共通点がある。

 まず谷川浩司九段(58)。十七世永世名人資格者である(基本的に引退後に名乗る)。ここでは詳細を省くが、数多くの「最年少記録」を打ち立てた藤井聡太二冠(18)が今後、目指すなかでもっとも難しい記録は「最年少名人」であろう。記録保持者は谷川で、21歳2カ月だ。ちなみに「レジェンド羽生」ですら名人位獲得は23歳8カ月である。

 さて、この谷川が1983年に名人位を取った時の相手が「ヒフミン」こと加藤一二三九段(80)である。とはいえ、当時は中原誠十六世名人(引退)の全盛時代だった。以前、谷川を取材した時、「中原さん対策ばかり考えていたので、中原さんが負けて加藤さんが名人になったのでびっくりしました」と語っていた。

 若き谷川は上がったばかりのA級リーグでトップになり、挑戦権を得て加藤を4勝2敗で破った。加藤にとっては「三日天下」だった。「神武以来(じんむこのかた)の天才」といわれ、多くのタイトルを取りながら名人は2度挑戦したが届かず、3度目の挑戦だった。

 前年の82年に持将棋(双方の玉が敵陣に入玉し、詰ませられなくなる引き分け)1局、千日手(同じ局面が繰り返される千日手が4回現れると引き分け)2局を含む大激戦で七番勝負を制して中原名人を破り、42歳で名人に輝いた時は対局室から電話に走って妻に「勝った、勝った」と叫んだいう逸話がある。その後、加藤は名人に復位することはなく、プロデビュー戦の藤井に敗れ、その後成績が振るわず3年前に77歳で引退した。

 そんな加藤を1年で名人から引きずりおろした谷川。「名人位を1年預からせていただきます」という礼儀正しく控えめな言葉が世の共感を呼んだ。1年どころか、その後、「光速流」と呼ばれる鋭い寄せを武器に名人通算5期、竜王4期、王位6期など通算タイトル27期を達成、日本将棋連盟会長も務めた。B2組に降級したとはいえ、いまなお、第一線で奮戦している。

羽生善治

谷川浩司、羽生善治、藤井聡太…将棋界の天才3人に“意外な共通点”があったの画像2
羽生善治九段

 続いて羽生善治九段(50)。羽生が名人になったのは94年のこと。相手は米長邦雄永世棋聖である。米長は前年に中原誠名人を4-0で破り、初めて念願の名人位についた。49歳での名人獲得は史上最高齢で話題になった。だが50歳で迎えた防衛戦では彗星のように現れた羽生に2勝4敗で苦杯を喫し、名人タイトルの保持は1年で終わった。

 名人を羽生に奪われて間もない頃、筆者は千葉市で彼の講演を聴いたことがある。直前に行われた東京都知事選を話題にしていたが、なぜ盤石のはずの元官僚の候補にタレントの青島幸男が勝ったのかを中心にした実におもしろい内容だった。その時「私は必ず羽生君を破って名人に戻ります」と豪語していたが、果たせなかった。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合