NEW

ロシア発の「米国6分裂論」が現実味…バイデン政権下で“21世紀の南北戦争”に突入の危機

文=宮崎正弘/評論家、ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, , , ,
ロシア発の「米国6分裂論」が現実味…バイデン政権下で21世紀の南北戦争に突入の危機の画像1
ジョー・バイデン前副大統領(「gettyimages」より)

 目下のアメリカは完全に分裂状態。「一国二国民」だ。

 熾烈極まりない大統領選挙が終わって、アメリカの分裂がリアルな現実であることを我々は日々目撃している。世界一の軍事大国でもあるアメリカの統一を修復不能な地点にまで引き裂いている。今後、ジョー・バイデン政権の4年間で問題解決に至る展望はなく、いや、もっと苛烈な衝突が繰り返されるだろう。

 この危機的な現実を前に論壇に浮上してきたのは、「アメリカ6分裂」という仮説である。発祥はロシアのアカデミーだ。

 もう二十数年前だろうか。筆者は「中国は16に分裂する」と予測して『中国大分裂』(文藝春秋ネスコ)という単行本を上梓した。その後、台湾の李登輝総統(当時)らは「中国は7つに分裂するのが適切だ」と言い出され、この李登輝発言に中国は不快感を覚えたのか、香港の雑誌「亜州週刊」が李登輝総統非難とともに「分裂論に同調する日本人たち」として、中嶋嶺雄、長谷川慶太郎、そして筆者の名前を挙げた。

 旧ソ連は崩壊後、15に分裂した。ユーゴスラビアは東西冷戦崩壊で共産主義独裁政権が消え、7つに分裂した。イラクは3つに分裂状態だが、まだまとまっている。スペインのバスク地方をはじめ、他にも多数の国で分裂運動が起きている。カナダからニューカレドニアまで分離独立運動がある。

 アメリカは南北戦争で60万人あまりの犠牲を出し、ようやく統一され、星条旗の下に「アメリカ人」というアイデンティティでまとまってきたはずだった。

 しかし、ベトナム戦争以後の価値紊乱と、キリスト教の伝統的価値観を冒涜するようなLGBTQが象徴する左翼運動が蔓延した。歴史の英雄である銅像を次々と破壊し、差別とかの言いがかりをつけた暴力事件が頻発、そうした破壊的思想を蛇蝎のように嫌う南部基軸の敬虔なキリスト教、エヴァンジェリカルらは絶望と希望の境を行き来しながらも、伝統を守る運動を組織した。

 4年前にドナルド・トランプを支持し、支えたのはこの伝統的な人々だった。また、選挙結果を見て不正投票があったと騒いでバイデンの勝利を認めないのも、この人たちである。アメリカは、誰が見ても鮮明な分裂状態に陥った。

 いずれ、暴動からテロ戦争、「21世紀の南北戦争」が始まるのでは、との不安が広がった。トランプvs.バイデンの大統領選挙の対立エネルギー、あのマグマのような激突ぶりから、分裂の可能性が高まった。

 戦争に勝つためにあらゆる手法が活用され、SNSの検閲、フェイクニュースの氾濫、不正投票。左翼はどんな卑劣な手段でも、勝つために行使するのだ。

 北東部から東海岸は極左的社会主義がはびこり、ラストベルトの旧工業地帯には資本主義の絶望が聞かれ、南部から中西部は敬虔なキリスト教地盤に黒人とヒスパニック(スペイン語を話すラテンアメリカからの移民)が入り込んで混沌としており、西海岸はチカノ(メキシコからの移民)に加えてアジア系が増殖したため、正真正銘、左翼の牙城となった。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合