セガ『サクラ革命』爆死&大炎上の“納得の理由”?開発費30億円超、売上7千万円か

「Getty images」より

 日本のゲーム業界を支えてきたセガサミーホールディングスに危険信号が灯り始めている。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、グループ会社が運営するゲームセンターなど施設運営事業の業績が悪化。昨年11月6日には、正社員と契約社員を対象に650人の希望退職を募る事態に陥った。コロナ禍の拡大で、政府は今月7日にも緊急事態宣言を発出する見込みで、いわゆる遊技機業界は引き続き苦境が続くとみられる。

 そんな中、同社が社運をかけている事業が「スマートフォンゲーム」だ。だが、昨年末に満を持してリリースしたiOS/Android向けロールプレイングゲーム(RPG)アプリ『サクラ革命 ~華咲く乙女たち~』(開発・運営ディライトワークス)の売り上げが芳しくない。

 『サクラ革命』の不調に関しては昨年12月20日、チャンネル登録者27万人を誇る有名ゲームレビュアーのナカイド氏が以下のような解説をYouTube上にアップしていた。ナカイド氏の許可を得た上で以下、引用する。

 

 ナカイド氏は動画で、同ゲームのキャラクターに対し「ブス」などと理不尽な批判の声があがっていることを上げ、「それは言い過ぎ」などと反論。そのうえで初動の売上が伸び悩んだ理由に関して、ゲームシステムの出来や、インターネット上で批判を受けていたキャラクターデザインの是非などの観点から詳細に分析、考察している。

 また、この動画はセガサミーホールディングス関係者にも認知され、話題になっていた。当サイトでは、ナカイド氏の動画の内容を踏まえて、改めて同タイトルの売上の推移を確認し、開発費の規模や製作現場の実態など、『サクラ革命』不振の原因を関係者に聞いた。

 ゲーム関連株(ゲーム、ソーシャルゲーム)専門の情報分析サイト「Game₋i」によると、同タイトルの12月期の売り上げ予測額は7370万円、スマートフォンゲームアプリ売上平均順位は215位だった。有名タイトルは一般的にリリース開始月に売上数億円、平均順位50位内につけなければ失敗という。複数のゲーム業界関係者によると同タイトルの開発費は30億円超えるといわれていて、「大失敗」の噂は絶えない。いったい何が起こったのだろう。

大規模な作風改変で古参ファンを切り捨て

 「革命」はリリースが発表された当初から、すでに暗雲が立ち込めていたという。ゲーム情報サイト編集者は次のように語る。

関連記事
編集部イチオシ企画
Pick Up News

RANKING

IT

ビジネス

総合

SNS