NEW
浜田和幸「日本人のサバイバルのために」

バイデン米国新大統領は、トランプ以上に“日本の弱み”につけ込む…危険な男の正体

文=浜田和幸/国際政治経済学者
【この記事のキーワード】

, ,

バイデン米国新大統領は、トランプ以上に“日本の弱み”につけ込む…危険な男の正体の画像1
ジョー・バイデン新大統領のツイッターより

 日本では新型コロナウイルスの感染が収まらず、「緊急事態宣言」の掛け声も寒空に空しく響くばかりである。菅内閣の支持率も急落し、このままでは菅政権の命運も早晩尽きるのではないか、との観測が広がる一方だ。医療体制の逼迫も危機的状況に直面しているため、一刻の猶予も許されない。果たして、強いリーダーシップを発揮し、形勢逆転につなげることができるのだろうか。

 一方、世界最悪のコロナ感染に見舞われ、40万人近くが命を失っているアメリカでは、1月20日に新大統領の就任式を控え、前代未聞の混乱状態が続いている。昨年末に共和党の政治家8人が急死するという異常事態も発生。いまだに、昨年11月の大統領選挙の結果をめぐって、現職のドナルド・トランプ陣営と「勝利宣言」を行ったジョー・バイデン陣営との間では、対立が収拾する兆しが一向に見えない。

 両陣営とも史上最高の得票数を得ており、コロナ禍の影響で急増した郵便投票の集計で「不正が行われた。非合法な選挙だった」との主張を緩めないトランプ陣営だ。それどころか、トランプ大統領は1月6日に首都ワシントンで「不正選挙糾弾」のデモ参加者に向け「連邦議会へ突撃せよ」と檄を飛ばした。全米から集まった熱烈なトランプ支持者は暴徒化し、議事堂を一時占拠し、選挙人による新大統領指名投票を中断させようと試みた。まさに前代未聞の事態となり、その騒動のなかで6人もの死者と多数の負傷者が発生することにもなった。

 とはいえ、4時間ほどでデモ隊は排除された。しかし、トランプ大統領も過激な白人至上主義たちも諦めていない。「最後のチャンス」とばかり、1月20日に予定されている新大統領の就任式に、さらに大規模な「トランプ支持」のデモを企てているようだ。トランプ大統領は前例を無視し、新大統領の就任式には出席せず、フロリダの別荘で4年後を見据えた「2024年再選キャンペーン」の開始を宣言するという。

 いずれもアメリカ史上初めてのことで、民主的でスムーズな政権移行とは程遠く、「分断、分裂国家アメリカ」を象徴する動きにほかならない。1月20日の昼12時をもってホワイトハウスの明け渡しを求められているトランプ大統領は、「バイデンは不正な手段で大統領選挙を盗んだ。こんな違法な大統領を認めるわけにはいかない。4年後に正当な選挙で返り咲く」との演説をぶつ考えのようだ。

 こうした状況では、目前のコロナ対策はおろか、国内経済の立て直しも中国との技術覇権争いにも「国家を挙げての取り組み」は難しいだろう。かつての超大国アメリカの威光は「風前の灯火」といっても過言ではない。とはいえ、7400万票を獲得したトランプ大統領は強気一辺倒で、自らを「キリストの再来」となぞらえるほどの厚顔ぶりである。

 その影響があるのかどうか、ホワイトハウスの前主治医で海軍少将のジャクソン氏に至っては「トランプ大統領の寿命は200歳まで保証されている。他方、バイデン氏は精神面でも肉体面でも国軍の最高司令官の任には堪えない」と公然とバイデン批判を繰り出す有様だ。

トランプとの共通点

 そんななか、第46代の大統領に就任することが確実視されているのが、御年78歳のバイデン元副大統領である。オバマ大統領時代に2期8年にわたり副大統領を務めたわけだが、トランプ大統領がたびたび批判したように、「長年ワシントンの政界にいたが、これといった実績のない居眠りバイデン」とも揶揄されてきた。巷間、「就任すれば、ジミー・カーター以降、最も弱い大統領になるだろう」と厳しい指摘も受けている。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合