信長は実力主義という大ウソ…“残念な織田家臣”佐久間信盛はなぜ出世しなぜ左遷されたかの画像1
『長篠合戦図屏風』(徳川美術館蔵)に描かれた佐久間信盛。主君の織田信長に高野山へ追放されるまでの約30年間、織田氏家臣団の筆頭家老として家中を率いた。(画像はWikipediaより)

信長への“言い訳”で不興を買うも出世し、本願寺攻めの総大将を任された佐久間信盛

 織田信長の家臣のなかで最も残念な人物といえば、佐久間信盛(さくま・のぶもり)をおいてほかにないだろう。現在放送中のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、金子ノブアキが演じている。

 佐久間信盛は尾張国愛知郡山崎(名古屋市南区山崎町)に生まれ、桶狭間の合戦後は三河方面の侵攻を任された。信長が足利義昭を奉じて上洛し、元亀元(1570)年5月に信長が近江を分封支配すると、永原城(滋賀県野洲市永原)の城主となった。

 天正元(1573)年8月の朝倉攻めで、朝倉軍の退却を見過ごした家臣たちを信長が叱責した際、信盛が「そうはおっしゃいましても、我々ほどの家臣はお持ちになれますまい」と弁明し、不興を買ったことは有名である。にもかかわらず、信盛は信長に重用され、遠江の高天神(たかてんじん)城攻め、三河の長篠の合戦、越前攻めなどに従軍した。

 天正4(1576)年5月、信盛は本願寺攻めの総大将として、天王寺(てんのうじ)砦に置かれ、尾張、三河、近江、大和、河内、和泉、紀伊7カ国の与力を附けられた(「与力」というのはこの場合、信長の直臣なのだが、軍事指揮下は佐久間の下で働く武士のことをいう)。信長に代わって大軍を率い、特定の地域を攻略する「方面軍司令官」として抜擢されたのだ。当時の織田家中では、柴田勝家に次いでナンバーツーの位置に据えられたといえよう。

 しかし、消極的な戦いぶりから信長の不興を買い、天正8(1580)年8月、本願寺との和睦が成立すると、19カ条からなる折檻状を突きつけられ、信盛は嫡男・佐久間信栄(のぶまさ/または、のぶひで)と共に高野山へ追放。翌天正9年7月に死去した。

佐久間信盛は、信長家臣団のなかでなぜナンバーツーまで出世できたのか?

 佐久間信盛の追放は、満足な活躍を果たせないと重臣ですら追放される、信長の「実力重視」の人材登用を物語る一例としてしばしば挙げられる。

 だが、ちょっと待ってほしい。どうして、そんな残念な人物がナンバーツーにまで上り詰められたのか。巷間で褒めそやすように、信長の人材登用は本当に実力重視だったのだろうか。

 結論からいってしまうと、佐久間信盛はいいとこのボンボンだったから出世できたのだ。

 信長から見ると能力的には「残念」だったけれども、我慢して使っていた。そして、とうとう我慢できなくなったから、あれこれ理由を付けて解雇したといったところだろう。

『新修 名古屋市史 2』では、室町時代における名古屋市内の有力武士として、(1)那古野(なごや)の今川氏、(2)熱田の千秋(せんしゅう)氏、(3)御器所(ごきそ/名古屋市昭和区御器所)の佐久間氏の3家を挙げている。

 佐久間家は鎌倉幕府の御家人の系譜を引き、独自に家臣団を抱え、尾張でも屈指の国人領主だった。佐久間家は尾張で織田家と遜色のない(むしろそれ以上の)有力者の家柄で、若き日の信長軍の主力を成していた可能性がある。桶狭間の合戦の時に信長はいくつかの砦を作って家臣に守らせたが、単独でひとつの砦を守ったのは織田一族と佐久間一族だけだった。信盛はその佐久間一族なのだ。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合