【確認中】森蘭丸、父も兄もみな討ち死にしていた!本能寺の変で信長と共に倒れた森一族の壮絶な血筋の画像1
江戸時代末期に活躍した浮世絵師・歌川国芳が描いた、森蘭丸。諱は成利(なりとし)とも長定(ながさだ)とも。(写真:アフロ)

森蘭丸、『麒麟がくる』になぜこれまで出てこなかったのか?

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』に森蘭丸(もり・らんまる)が登場した。

 過去の大河ドラマでは、ウエンツ瑛士、瀬戸康史などが演じた、いわばイケメン俳優の登竜門(?)で、今回、森蘭丸を演じるのも板垣瑞生というなかなかのイケメンなのだが、しかし今回の『麒麟がくる』に限っていえば、「そうか、そういえば。信長の近臣といえば森蘭丸だよね~。なんで今まで出てこなかったんだろう?」といった感が強い。

『麒麟がくる』では、尾張以来の信長家臣の登場が少ない。柴田勝家、佐久間信盛、羽柴秀吉くらいだろう。考えてみると、信長家臣が主人公なのに、丹羽長秀すら出ていない大河ドラマは異色だろう。

「尾張以来の信長家臣」と書いたのだが、森蘭丸は(おそらく)尾張生まれではない。隣国美濃出身である。

 森家は清和源氏の末裔で、先祖が相模国愛甲郡森に住んでいたため、森を苗字とした(なお、この地は毛利とも書き、毛利元就で有名な毛利家の苗字もこの地に由来する)。その子孫が美濃国羽栗郡蓮台(れんだい)村に移り住み、美濃齋藤氏に仕えたという。現在でいうと岐阜県羽島郡笠松町田代(でんだい)を指す。木曽川と長良川に挟まれ、木曽川を境に愛知県一宮市に隣接する土地である。木曽川は氾濫が多く、時代によって蛇行し、流域が東西に移動していたので、森家の居住地は尾張か美濃か曖昧な土地だったと思われる。

【確認中】森蘭丸、父も兄もみな討ち死にしていた!本能寺の変で信長と共に倒れた森一族の壮絶な血筋の画像3
NHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、板垣瑞生(20歳)が森蘭丸を演じた。イケメン俳優の登竜門なだけあって(?)、やはり美しい顔立ち。(画像はNHK『麒麟がくる』公式サイトより)

信長に仕えた森蘭丸の父、森可成は、浅井・朝倉連合軍との戦いで討ち死にす

 蘭丸の父・森三左衛門可成(もり・さんざえもん・よしなり)はもともと美濃斎藤家に仕え、弘治年間(1555~58年)には信長に転仕していたらしい。斎藤道三(『麒麟がくる』で演じたのは本木雅弘/以下、『麒麟がくる』での演者を「演」と表記))が子の斎藤義龍(演:伊藤英明)に討たれたのが弘治2(1556)年4月なので、道三に味方してやむなく信長の下に駆け込んだのかもしれない。

 可成は永禄8(1565)年に美濃国可児(かに)郡の烏峯(うほう)城を与えられ、兼山(かねやま)城(岐阜県可児市兼山町)と改称した。兼山城は当時信長の居城だった小牧城(愛知県小牧市)の北側に位置し、東美濃攻略の拠点ともいうべき場所に位置する。その2年後、稲葉山城が落城し、美濃は信長の掌中に入った。

 永禄11(1568)年10月に信長が上洛すると、森可成は柴田勝家・蜂屋頼隆(はちや・よりたか)・坂井政尚(さかい・まさなお)と共に三好軍の城を攻め落とし、柴田らと共に京都の政務にあたった。

 元亀元(1570)年4月に信長が越前の朝倉討伐に失敗し、追放したはずの元近江半国守護・六角承禎(ろっかく・じょうてい)が南近江で挙兵すると、信長は主要部将を近江に分封。森可成は南近江の宇佐山(うさやま)城・志賀城(滋賀県大津市)の守将となった。

 同元亀元年8月、信長は三好の残党らを殲滅するため、摂津の野田・福島(大阪市西部)に出陣。ところが、背後の石山本願寺(大坂城のあたり)が叛旗を翻し、苦戦を強いられた。しかも、浅井・朝倉連合軍が本願寺の挙兵に呼応して3万の兵を率い、近江坂本方面に出陣した。

 対する宇佐山城の守兵は森可成と信長の弟・織田信治らわずか3000。可成は勇猛果敢に城から打って出て緒戦に勝利したが、しょせんは多勢に無勢で討ち死にを遂げた。享年48。

 信長は三好・本願寺との戦いを切り上げて、京都に退陣。すぐさま近江に打って出た。この時、浅井・朝倉連合軍が比叡山に退却。比叡山の焼き討ちに繋がった。

 そのあと近江坂本を任されたのが明智光秀である。『麒麟がくる』で光秀は、道三に味方して美濃を追われた。道三に味方して斎藤家を離反→信長に仕えて京都で行政→近江坂本を任されるという光秀のルートは、森可成と似通った人生といえなくもない。シンクロさせたら面白かったかもしれない。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合