NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第36回

アンジャッシュ渡部のダメダメ会見、所属プロ・人力舎の“采配ミス”はなぜ生まれたか?

芸能吉之助(現役芸能プロマネージャー)

geinou

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

 不倫スキャンダルで大バッシングを受けたアンジャッシュ渡部建さんは、いまだ休業状態ですね。昨年12月3日には会見を開きましたが、これもまた大炎上しました。会見がうまくいけば、今頃復帰していた可能性もあるのに、非常にもったいないことをしたんじゃないかな~。少し時間がたってしまいましたが「タレントの会見」の実態をある程度わかっている芸能界の内側の人間から見た、あの会見の「仕切りの悪さ」について分析してみましょう。

 芸能人は、不祥事だったり不倫だったり何かしらスキャンダルを起こした場合に謝罪会見を行うケースがよくあります。この場合、会見前に報道陣と事務所サイドとの間で、各媒体のレポーターのなかで仕切り役となる人は誰なのか、どこまでツッコんだ質問をしていいのか……などを事前にある程度共有しておくのが普通です。

 こういうことを言うと、「そんなのヤラセじゃないか」と批判されそうな気もします。とはいえ、なんの仕切りもないまま会見を開いて、ワイドショーや紙面で使えないような会見になってしまえば、事務所側はもちろん報道陣も困るわけで、ある程度の筋書きは必要。もちろん、その筋書きをかいくぐってキワドい質問をするというのもレポーターの“腕”であり、それに対して実際にどう回答するかというのもタレントの能力のひとつ。そこから、“筋書きのないドラマ”が生まれることもあるわけですから(笑)、「すべては仕組まれたこと」という見方をする一般の方がいるとすれば、それはやはり違うと思います。

【確認中】アンジャッシュ渡部のダメダメ会見、所属プロ・人力舎の“采配ミス”はなぜ生まれたか?の画像2
2020年12月3日、渡部建が開いた謝罪会見は始終グダグダで大炎上した。あの会見がうまくいっていれば、今頃は復帰していたかも? (写真:REX/アフロ)

「ガキ使復帰」ありきだったのがミエミエだった渡部建の記者会見

 しかし12月3日の渡部さんの会見では、それがまったくといっていいほどできていなかった。会見前に、昨年末の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の『笑ってはいけない』シリーズへの出演が報じられていたこともあって、報道陣は渡部さんに、「収録に参加したのかどうか教えてください」「会見前に仕事はしていないのですか?」「今まで会見から逃げていて、なぜ収録に参加したんですか?」「収録に参加することは奥様(女優の佐々木希)に相談したんですか?」といった質問を投げかけましたが、渡部さんはひたすら「申し訳ないのですが、お答えできません」「私の口からは何も言えません」と言うばかりで、報道陣と、所属事務所のプロダクション人力舎サイドがまったく情報共有できていないことがまるわかり……。

 また、『ガキ使』出演報道後というタイミングで開かれた会見だったことで、「順番が逆なんじゃないか」とツッコミが入っていましたが、渡部さんは「騒動が6月だったものですから、年内いっぱい自粛をして記者会見という形で復帰をできないかと思っていました。半年という期間も、まことになんの根拠もないといいますか、勝手にこちらがなんとなく年内だったらいいんじゃないかと。これも誤りだったんですけれども」と、なんとも歯切れの悪い回答。

「なぜ6カ月たった今、なんのために謝罪会見をしているのか」という質問には、「昨今の報道を受けまして、世間の皆様から会見しないでどうするんだというお声をたくさん頂戴しました。何かの番組に出てしれっと復帰ということではなくて、復帰のタイミングでこういうことを考えていたんですけれども、昨今の報道で一日も早くやったほうがいいということで、謝罪会見を勝手ながらさせていただきました」と話していましたが、肝心の『ガキ使』復帰報道については何も説明できない状態では、どうしても「復帰ありきの会見だったのでは」という印象は拭えませんよね……。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合