『麒麟がくる』いよいよクライマックス!明智光秀は生き延びて徳川家康の参謀になった?の画像1
「NHK 大河ドラマ『麒麟がくる』公式サイト」より

 2月7日、いよいよ大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)が最終回を迎える。そのクライマックスは当然、長谷川博己演じる主人公の明智光秀が、主君・織田信長に反旗を翻した”本能寺の変”だ。ところで、本能寺で信長を討った光秀の、その後の行末をご存じだろうか。

 本能寺の変が起きたのは天正10年(1582年)6月2日。しかし、直後の6月13日に信長の弔い合戦とばかりに襲ってきた羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)との”山崎の戦い”で敗れ、なんとか逃げ仰せたものの、最後は落ち武者狩りにあって殺された。または致命傷を受けて自害したというのが、定説となっている。このときに討ち取られた証拠として、本能寺で光秀の首が晒されたことも記録として残っているからだ。

 とはいえ、当時は歯型での確認やDNA鑑定などがない時代。影武者や、本人とよく似た別人と取り違えた可能性もなくはないのである。また、光秀の死は旧暦の6月で、現在なら7月に当たる。首を検分するまでに腐敗が進んでいたことも考えられる。そうなると、その首が100%本物とは言い切れなくなってくるのだ。

 そのため、今でも一部で根強く囁かれているのが、”実は光秀は生きていた”という説である。山崎の戦いで敗れたあと、死なずに落ち延び比叡山に隠れ、江戸幕府の礎を築いた”南光坊天海”として、再び歴史の表舞台に舞い戻ったともいわれているのだ。これは、いくつか裏付ける証拠があるからこそ囁かれている説である。

 そこで今回は、この「光秀=天海」というトンデモ説について検証していきたい。

 その根拠を示す前に、まずは南光坊天海とはいかなる人物なのかという説明を簡単にしておこう。天海は徳川家康の側近として、江戸幕府初期の朝廷政策・宗教政策など、幕府における多くの政策に深く関与した天台宗の僧侶である。徳川家康の懐刀ともいわれ、家康亡きあとは2代将軍・秀忠、3代将軍・家光と、3代に渡って徳川家に仕えた。

 だが、その活躍ぶりとは裏腹に、出自には不明な点が多く謎の人物とされている。生年は天文5年(1536年)説が有力で、陸奥国(福島県、宮城県、岩手県、青森県)の蘆名氏(あしなし)という一族の出身らしい。このような身元不明な人物が家康の側近となり、しかも当時の僧の最高位である大僧正にまでなっているのである。天海が”怪僧”とも称された由縁がこれだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合