森喜朗氏、私が生で見た“最低最悪の傍若無人ぶり”…疑惑・暴言まみれの政治家人生の画像1
森喜朗氏(首相官邸のHPより)

“暴言男”、森喜朗東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の女性蔑視発言が、日本のみならず世界で話題になっている。森氏は4日の謝罪会見で「深く反省をしております」と語ったが、その表情や発言から、反省などまったくしていないことが世間に伝わった。

「日本は神の国」「子どもをつくらない女性を税金で面倒をみるのはおかしい」など、森氏の暴言、失言は数多あるが、関西在住の筆者が忘れられないのは「大阪は痰壺のようだ」である。もちろん「汚いこと、この上ない」の意味。

 これは1988年4月、京都市での懇談会で飛び出したもの。大阪市は主要な大都市のなかで、美しいとはいえない場所も多いことは確かだ。とはいえ、自虐好きな関西人とて、ここまでは言わない。ましてや、大阪の人間ではない男に公の場で堂々と言われた浪速っ子の不快感は大きかった。

「落選したら会見はしない」

 この森氏について、筆者はかつて「仰天のふるまい」を体験した。2009年8月の衆議院総選挙のことだ。小沢一郎率いる民主党が自民党に大勝したこの衆院選、石川2区の森氏はこの時72歳、元首相だ。しかし33歳と若い民主党の田中美絵子候補に負けるのではないかという情勢だった。追い回す記者たちに森氏がブチ切れる様子などが報じられていたが、筆者も雑誌からの依頼で取材に赴き、8月30日の投開票日は小松市の森氏の選挙事務所で大勢の記者やカメラマンたちと開票を見守った。

 しかし、森陣営は「落選したら会見はしない」とし、幹事社の朝日新聞記者(武田肇氏)が「それはおかしい」と盛んに広報担当とやりあっていた。衆院選に限らないが、落選したら会見しないなどの非常識は珍しい。記者やカメラマンたちは事務所の外で待っていたが、なんと森氏は地元紙の北國新聞社の記者だけを事務所に招いていた。

 まだ開票作業中に森氏が外へ出てきたので、筆者らはわっと取り囲んだ。武田記者が「地元紙だけに対応するのはおかしい」と抗議すると、なんと森氏は「石川県の人はみんな北國新聞だけを読んでるから、北國新聞にだけ話せば十分」と言ったのだ。武田記者が「朝日新聞だって読んでる人いるかもしれないじゃないですか」と反論すると、森氏は「いない」と断言し事務所に戻ってしまった。

 有力政治家が、ちやほやされる選挙地盤で踏ん反り返っている姿は何度も見たとはいえ、こんな政治家は見たことがなかった。それが元首相である。大激戦は森氏が僅差で制して当選。田中氏は比例復活で当選した。筆者はただただ「日本人はかくも低レベルな人物を首相と仰いでいたのか」と悲しくなったものだ。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合