NEW
千葉哲幸「フードサービス最前線」

「俺の」シリーズ集大成…銀座「俺のGrand Table」高級食材&圧倒的コスパ実現

文=千葉哲幸/フードサービスジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

「俺の」シリーズ集大成…銀座「俺のGrand Table」高級食材&圧倒的コスパ実現の画像1
「俺のシリーズ」の“超”がつくお値打ちメニューの代表格である「牛フィレとフォアグラのロッシーニ」1280円(税別、以下同)。高級食材を惜しみなく使用している。(俺の株式会社提供)

「ミシュラン星付きレストランの料理を価格2分の1で提供する」という“原価じゃぶじゃぶ”をうたう「俺のイタリアン」の1号店がオープンしたのは2011年9月21日、東京・新橋でのこと。同店は2時間待ちが当たり前、16坪で月商1900万円を超えるという繁盛伝説をつくった。「ブックオフ」の創業者である坂本孝氏(現名誉会長)が立ち上げたもので、のちに「俺の株式会社」と商号変更し、「俺のフレンチ」「俺のスパニッシュ」「俺の割烹」「俺の焼肉」など、洋食・和食のさまざまな業種を銀座を中心に展開、現在は12ブランド37店舗となっている。

 冒頭で述べた「俺のシリーズ」を象徴するメニューは、「牛フィレとフォアグラのロッシーニ」1280円(税別、以下同)、「トリュフとフォアグラのリゾット」980円、「からすみ蕎麦」980円などが挙げられる。特にからすみ蕎麦は、皿の上に盛り付けた蕎麦の上にからすみを振りかけるのではなく、山盛りになっている。こんな具合に、一品一品は“超”が付くお値打ち品である。

「俺の」シリーズ集大成…銀座「俺のGrand Table」高級食材&圧倒的コスパ実現の画像2
同じく「からすみ蕎麦」980円。からすみを振りかけるのではなく“てんこ盛り”にしている。(俺の株式会社提供)

「豊かな食の体験をここから発信していく」

 その同社が20年12月15日、新業態の「俺のGrand Market」「俺のGrand Table」をオープンした。場所は昭和通りと晴海通りの交差点で、向かい側に歌舞伎座がある。

 同店は1階が「俺のGrand Market」(35坪)でデリカテッセンとセレクトショップ、約500種類の物販、30~40種類のデリカテッセン、パン6種類などをラインアップ。2階が「俺のGrand Table」(50坪63席)で既存店の代表的なメニューを集めたレストラン、スペシャリテ8種類、トータルで約40品目をラインアップ。どちらも「一流シェフ」「高級食材」「生産者の想い」を掛け合わせてメニューや商品を構成している。

 この業態がこのたびリニューアルした背景について、同社の神木亮氏(常務執行役員 営業本部 副本部長 兼 営業企画部長)が解説してくれた。

「ここは当社のなかでもよい立地にあることから、18年9月に新業態の『俺のBakery&Cafe』をオープンしました。そこでさらに当社の今後の取り組みを発信する拠点にしていきたいと、ベーカリーのみならず、フレンチ、イタリアン、和食、さらに売り方を含めて新しい試みに取り組むことになりました」

 このプロジェクトは20年の4月頃から始まり、6月頃から『単においしいものをラインアップするということではなく、当社の料理長が使っている調味料や食材を深掘りしようという発想になりました。そこで、山梨、長野、岩手、静岡などが産地の製品に関しては、われわれが現地に足を運び、生産者の想いを聞いて、そのストーリーをしっかりと伝えられるようにと考えて進めていきました」

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合