新型コロナウイルス禍で、多くの著名人がYouTubeチャンネルを開設した。そんななか、「はいだしょうこの歌とか、、、」と題して2020年4月3日にチャンネルを開設し、2021年2月現在20万人以上のチャンネル登録者を誇るのは、歌手・タレント等として活躍するはいだしょうこ。筆者は【前回】、宝塚男役OGを勝手にランキングした記事を書かせていただいたが、はいだは宝塚娘役OGである。現在放映中のNHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』に出演の映美くらら、星蘭ひとみらも宝塚娘役OGだ。そう、宝塚歌劇団の卒業生では、元男役のみならず、元娘役にも芸能界で活躍する方は多くおられる。

 ここでは、宝塚娘役OGに対象を絞り、勝手にランキングしてみたい。映像、舞台、CMなど幅広く活躍されており、宝塚ファンのみならず一般的な認知度の高い方を高ランキングとした。

 はじめに、宝塚における娘役の位置づけについて説明しておきたい。

 宝塚においてメインとされるのはやはり男役。娘役はよく“花束におけるかすみ草”に例えられるが、男役をより素敵に見せるための立ち位置である。そのため娘役が宝塚の舞台において主演を務めることなどは大変珍しく、トップの娘役といっても、あくまでも男役トップスターの引き立て役と考えていい。自分の魅力をどーんと前面には出しづらい――そんな立場を宝塚で経験したのち、芸能界に“船出”して活躍することは、非常にハードルが高いことかもしれない。

 以下の方々は、そういう意味でも非常に稀有な才能をお持ちの方々なのである。

【第5位:野々すみ花】『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとしても活躍、農家生まれの素朴さが魅力

1987年、京都府久御山町生まれの33歳、身長161cm、個人事務所に所属。

 2005年、91期として宝塚歌劇団に入団、当初は花組で若手娘役として活躍したが、2009年に宙組に組替え、大空祐飛の相手役としてトップ娘役に(2009~2012年)。歌・ダンスともにハイレベルではあったが、なんといっても秀逸なのは演技力。筆者が最も印象に残っているのは、トップ娘役就任前の若手娘役時代に出演した花組公演『明智小五郎の事件簿〜黒蜥蜴〜』(2007年)。トップ娘役演じる早苗と、早苗の変装姿、早苗の替え玉と3役を見事に演じ分け、「誰だあの若い娘役は!」と宝塚ファンの間では話題に。

 退団後は舞台、NHK朝の連続ドラマ小説等に出演しながら、『世界ふしぎ発見!』(TBS系)のミステリーハンターとしても活躍。実家が京都の農家ということもあり、素朴さが垣間見えるのもチャームポイントである。野々の強みは、どのような媒体、場面にもなじみやすく、順応性が高い点であろう。そうした順応性の高さは、宝塚現役時代、高い演技力ですでに発揮されていたといえよう。

檀れい、黒木瞳、宝塚元娘役女優を考える…三浦春馬遺作で共演、『おちょやん』でも話題にの画像1
日本物の着こなしも自然な野々すみ花(写真はDVD『連続テレビ小説 あさが来た スピンオフ 割れ鍋に綴じ蓋』(NHKエンタープライズ)より。野々は左上の緑の枠の人物)
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合