NEW

菅首相、長男の「東北新社」中途入社で便宜図る…創業者に口利き、元総務相の立場を利用か

文=編集部、協力=山岸純/山岸純法律事務所・弁護士
【この記事のキーワード】

, ,

菅首相、長男の「東北新社」中途入社で便宜図る…創業者に口利き、元総務相の立場を利用かの画像1
首相官邸のHPより

 菅義偉首相の長男で東北新社社員の菅正剛氏から総務省幹部が接待を受けていた問題で、同省は24日、谷脇康彦総務審議官ら9人を懲戒、2人を戒告とする処分を発表した。

 総務審議官時代の2019年に接待を受けていた山田真貴子内閣広報官は25日、衆院予算委員会に参考人として出席。山田氏は「(首相の長男との会食は)私にとって大きな事実ではない」「放送業界全体の実情に関する話はあったかもしれないが、全体としては一般的な懇談だった」などと語り、内閣広報官を続投する意向を示している。

 総務省はBS・CSなどの衛星放送事業の許認可権を有しているが、東北新社は子会社を通じて現在、計8つの衛星チャンネルを運営。総務省幹部が同社から接待を受けていた時期にあたる18年には総務省は同社子会社の「囲碁将棋チャンネル」(CS放送)、20年には「スター・チャンネル」(BS放送)の継続・更新を認可している。

 そして菅正剛氏は東北新社のメディア事業部趣味・エンタメコミュニティ統括部長というポストに就くほか、同社子会社で総務省認定の衛星基幹放送事業者である囲碁将棋チャンネルの取締役も務めている。

「正剛氏は現在40歳ということですが、その年で東北新社クラスの老舗大手メディア企業の部長職、さらには子会社取締役というのは、異例中の異例というか、ちょっとあり得ない人事です。さらに、40歳そこそこの部長クラスが、総務省幹部と会食をするというのも、通常では、あり得ません。本来なら東北新社本体の役員クラスが相手をする話ですから。まさに“菅さんの息子”ゆえの特別待遇ですよ」(大手広告代理店社員)

菅首相と東北新社の関係

 東北新社といえば、前述の衛星放送関連事業のほか、テレビ番組・映画・CM制作、映画配給、各種映像コンテンツの輸入・仕入・販売・編集・版権ビジネスなど、映像関連ビジネス全般を幅広く手掛ける名門企業として知られている。

 その同社に正剛氏は2008年に中途入社しているが、06年に当時総務相だった父・菅氏の秘書官に就くまではバンド活動をしていたと報じられており、東北新社が手掛けるビジネスでの経験は特に見当たらない。

 一方、菅首相と東北新社の関係は深い。菅首相と同社創業者(故人)はともに秋田県出身で、創業者とその息子の元社長から12~18年に計500万円の個人献金を受けている。さらに22日の衆院予算委員会で菅首相は、創業者と自身の長男を引き合わせたことを認める一方、「(長男の正剛氏と創業者の)2人で(就職の)話を決めた」と答弁した。

「なんの実績もない20代の若者が、大手メディアの創業者と“2人で話して就職が決まる”なんて、これを聞いて“コネ入社”だと思わない人はいないですよね。総務相を経験した大物政治家が息子と創業者を“引き合わせた”となれば、結果として世間的には“口利き”と見なされても仕方ないでしょう。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合