『青天を衝け』で渋沢栄一を怒らせたばかりに断絶?埼玉県の岡部藩・安部家の悲しい末路の画像1
NHK大河ドラマ『青天を衝け』では、理不尽な岡部藩の代官に激怒する渋沢栄一が描かれているが、これは実話で有名な逸話。ところで岡部藩って何?(画像はNHK『青天を衝け』公式サイトより)

岡部藩は「岡部家の藩」ではなく、「岡部(埼玉県深谷市岡部)にある藩」

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』第4話では、岡部藩の代官(演:酒向芳)の理不尽な要求に、渋沢栄一(演:吉沢亮)が激怒する様が描かれる。これは実話で、渋沢栄一の伝記のなかでも特に有名な逸話である。しかしながら、岡部藩ってなんなのかは、意外に書いたものを見ない。岡部藩ってなんだ?

 岡部という大名もいるのだが、岡部藩は岡部家が治めていたわけではない。岡部(埼玉県深谷市岡部)にある藩で、そこを治めていたのは譜代大名の安部家である。

駿河・今川家の家臣から徳川家に仕え、家康の国替えにともない、のちの渋沢栄一の生地も賜る

『青天を衝け』には、老中・阿部正弘(あべ・まさひろ)が出てくるが、岡部藩の阿部家とはまったくの他人。安部と書いて、江戸時代は「あべ」と読んでいたらしいのだが、少なくとも明治維新後には「あんべ」と変えている。

 信濃(しなの/長野県)の諏訪(すわ)氏の子孫が駿河(するが/静岡県東部)の安倍谷に移り住んで安部を称し、駿河今川家の家臣となった。安倍谷なら、安部じゃなくて、安倍だろうと思うのは現代人で、明治以前日本は当て字が横行し、そんな細かいことは気にしなかった(おそらくその頃に姓名判断なんか始めてもサッパリ流行らなかっただろう)。

 桶狭間の合戦で今川義元が討ち取られると、今川家は斜陽化し、今川領は東の武田信玄、西の徳川家康の草刈り場になってしまう。信玄は調略が得意で、駿河に攻め込んだ際にはほとんどの今川家重臣が内応し、義元の子・今川氏真(うじざね)は這々の体(ほうほうのてい)で、遠江(とおとうみ/静岡県西部)掛川城に落ち延びた。

 しかし、安部元真(もとざね)は今川家臣として裏切ることなく、最後まで忠義を尽くした。氏真が家康に降ると家康の家臣となり、武田家との攻防で武功を挙げた。

 その子・安部信勝も小牧・長久手の合戦などで戦功を挙げ、家康の従姉妹を妻にもらった。

 天正18(1590)年に家康が関東に国替えになると、信勝は武蔵国榛沢郡(むさしのくに・はんざわぐん/埼玉県)、および下野国梁田郡(しもつけのくに・やなだぐん/栃木県)で計5250石を賜った。

 栄一が生まれた血洗島は武蔵国榛沢郡なので、栄一が生まれる250年前から、安部家はその一帯を治めていたことになる。ちなみに、栄一の先祖が甲斐国(かいのくに/山梨県)渋沢村から血洗島に入植したのも、その頃だという。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合