NEW

ビットコイン、100万円が8カ月で600万円超に…急騰した5つの要因、今後も上がる?

文=頼藤太希/マネーコンサルタント
【この記事のキーワード】

, , ,

ビットコイン、100万円が8カ月で600万円超に…急騰した5つの要因、今後も上がる?の画像1
「Getty Images」より

 今、ビットコインが急騰しています。2017年末には「1ビットコイン(BTC)=220万円」もの値をつけたことで話題になりましたが、その後、相場の急落や別の仮想通貨の大規模な流出事件が起きたことで、すっかり「過去のもの」となっている方も多いでしょう。

 そのビットコインが2月に一時「1BTC=600万円」をつけ、本稿執筆時点で520万円前後を推移しています。今回は、ここまでビットコインが値上がりした要因と今後の見通しをお伝えします。

わずか8カ月で資産が6倍に

 仮想通貨(暗号資産)は、電子データとしてやりとりされる通貨。硬貨や紙幣などはなく、日本円や米ドルのように、国が発行する通貨(法定通貨)でもないのですが、スムーズに送金できるなどの特徴を持っています。

 とはいえ現状、日本を含む世界では実用性よりも投資(というより投機)の対象という見方をされています。仮想通貨の筆頭であるビットコインの値段は、2017年12月に「1BTC=220万円」をつけてから下落。2018年12月には「1BTC=35万円」ほどとなったのです。もし220万円のときに買っていたら、1年で資産が6分の1になってしまった計算です。

 しかし、2019年に入るとビットコインの価格はじわじわと上昇。2019年6月には100万円の大台を回復しました。そして2020年、コロナショックで短期的に値下がりする場面はあったものの、5月には再び100万円を突破しています。

 驚きなのはここからです。2020年11月末に200万円を突破すると、ビットコインの価格は急上昇。2021年2月には、一時「1BTC=600万円」をつけたのです。もし2020年6月時点に100万円で購入していたら、8カ月で資産が6倍になった計算です。もちろん、底値で買って天井で売るのは至難の業ではありますが、急激に値上がりしている様子がわかるでしょう。

RANKING
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合