NEW
渡瀬基樹の「空港から最寄り駅まで歩いてみた」第16回

米子鬼太郎空港、戦時中に海軍基地として開港した長い歴史…JR米子空港駅までの250m

文=渡瀬基樹
【この記事のキーワード】

, , ,

【確認中】米子鬼太郎空港、戦時中に海軍基地として開港した長い歴史…JR米子空港駅までの250mの画像1
米子空港からの路線は東京(羽田)便のみ(国際線は運休中)。1日6往復が設定されているが、一部は休止中だ。

 日本の空港は、意外に歴史がある。日本最初の空港は、1911(明治44)年に埼玉県所沢市に作られた旧陸軍の所沢飛行場だ。現在は所沢航空記念公園や米軍所沢通信基地などになっている。

 驚かされるのが、その開設時期だ。ライト兄弟がライトフライヤー号で有人動力飛行に成功したのが1903(明治36)年。所沢飛行場は、それからわずか8年後に開港したことになる。リンドバーグが大西洋単独無着陸飛行を達成する、16年も前なのだ。

 初の民間空港は千葉県美浜区に作られた稲毛飛行場、所沢飛行場開港の翌1912(明治45)年に開設されている。ただ、当時は旅客機は存在せず、航空ショーのようなものを行ったり、練習をしたりするための場所だったようだ。

 現在も運用されている空港のなかで、最も開港が古いのは八丈島空港だ。1927(昭和2)年に旧海軍の飛行場として誕生しており、東京国際空港(羽田空港)の1931(昭和6)年より4年早い。このほかにも旧軍によって開港した空港は多く、現在自衛隊や米軍と共用する空港も、その多くが戦前・戦中の1930年代後半~1940年代前半に旧陸海軍によって開設されている。

鳥取県、日本海と中海を隔てる弓ヶ浜半島のど真ん中に位置する米子鬼太郎空港

 鳥取県の美保飛行場米子空港米子鬼太郎空港)は戦争中の1943(昭和18)年、美保海軍航空基地として開設された。戦後は英軍・米軍に接収され、現在は航空自衛隊との共用飛行場となっている。

【確認中】米子鬼太郎空港、戦時中に海軍基地として開港した長い歴史…JR米子空港駅までの250mの画像16
鳥取県境港市に所在する米子空港の位置(Googleマップを利用。権利関係はGoogleに帰属します)
【確認中】米子鬼太郎空港、戦時中に海軍基地として開港した長い歴史…JR米子空港駅までの250mの画像3
米子空港は自衛隊との共用飛行場であるため、ターミナルビルやエプロンなど民間機施設は北東側の一角に集約されている。

 米子空港の立地は、かなり特徴的だ。日本海と中海を隔てる、弓ヶ浜半島の中心部に横たわるように位置している。鳥取県西部の中心都市である米子市と、港町として栄える境港市の間に位置し、空港所在地も2市にまたがっている。島根県の県庁所在地である松江市からもほど近い。

 共用空港ということもあり、全日空の東京(羽田)便6往復(コロナ禍により一部運休あり)が運航するのみと、路線数・便数ともにかなり寂しい。香港線、上海線も就航していたが、現在は運休中だ。

 今回は、米子空港からJR境線の米子空港駅まで歩いてみた。以前にリポートした【山口宇部空港】と同様に、至近距離に駅がある。「歩いてみた」というほどの距離ではないのだが、なかなか興味深いルートだった。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合