NEW
赤石晋一郎「ペンは書くほどに磨かれる」

韓国が中国・北朝鮮と連携して日韓歴史問題“再燃運動”か…国際世論で「日本叩き」醸成

文=赤石晋一郎/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

韓国が中国・北朝鮮と連携して日韓歴史問題“再燃運動”か…国際世論で「日本叩き」醸成の画像1
韓国の文在寅大統領(首相官邸HPより)

「政府はいつでも日本政府と向き合い、対話する準備ができている。易地思之(相手の立場に立って考える)の姿勢で向き合えば、過去の問題も賢明に解決できると確信している」

 日本による植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動「三・一運動」から102年を迎えた3月1日、韓国政府主催の記念式典で文在寅大統領はこう演説した。歴代最悪という日韓関係のなか、文大統領の言葉は“歩み寄り”を意識させるものだと各メディアでは報じられた。

 だが日韓両国が歩み寄るには、程遠い状況にあるというのが現実だろう。文政権は「挑発」と「譲歩」を繰り返すという、北朝鮮ばりの“瀬戸際外交”を対日政策として長らく続けてきた。ときに対話を呼びかけるという譲歩を見せるものの、その軸となっているのが「反日姿勢」であることには変わりがない。

 文政権が発足して以来、日韓関係が悪化の一途をたどっていることは周知の通りである。韓国側が繰り返し日韓歴史問題を持ち出してくることによって、両国関係は拗れに拗れたのだ。日本政府側も、韓国に対韓国輸出制限や日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定を行うなど対立は深まる一方であり、いまだにその溝は埋まっていない。

新しい冷戦構造

韓国が中国・北朝鮮と連携して日韓歴史問題“再燃運動”か…国際世論で「日本叩き」醸成の画像2
『韓国人、韓国を叱る 日韓歴史問題の新証言者たち』(赤石晋一郎/小学館新書)

 なぜこうも日韓関係は拗れるのか。「原因は“新しい冷戦構造”にある」と私に語ってくれたのは、李大根・元成均館大学校名誉教授だ。李氏は日韓経済に精通している経済学界の重鎮の一人である。

「大きな視点で見れば、米中対立という枠組みのなかに日韓関係もあると私は見ています。韓国が大陸側(中国・北朝鮮)につくのか、太平洋側(米国)につくのかという選択をいずれ迫られることになるでしょう」

 文政権は親北朝鮮というスタンスのもと、日韓歴史問題の再燃を事実上後押ししてきた。それは後述するように北朝鮮の“同盟国”でもある中国に秋波を送る行動でもあるのだ。一方で経済的な面を見ると韓国は、日米の虎の尾を踏まないように立ち回らなければいけないという中途半端なスタンスを取り続けざる得ない。米中のどちらにつくのかを韓国はいずれ迫られることになる、と李氏は指摘するのだ。

 米中対立が国際社会における大きなテーマとなっている現在、韓国はその立ち位置に苦慮しているといえるだろう。文化的には日米から大きな影響を受けている一方で、民族的には北朝鮮という同胞国家を隣国に持つ。日本政府が対韓国輸出制限やGSOMIA破棄に打って出たのも、いずれも北朝鮮への技術流出や情報流出を懸念してのものだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合