安芸高田市議会が麻痺…副市長をエン・ジャパンで公募→議会が否決、税金をドブに捨ての画像1
安芸高田市公式サイトより

 公職選挙法違反の罪に問われた元法相の河井克行氏(57)から現金を受け取ったとして前市長が辞職した広島県安芸高田市。その辞職した市長の後任として初当選した石丸伸二市長(38)と市議会の間に不穏な空気が漂い続けている。市議会は10日、一般社団法人RCF職員の四登夏希氏(34)を副市長に充てる専任同意案を7対8の賛成少数で否決。石丸市長と議会の溝の深さを改めて露呈したのだ。

エン・ジャパンで副市長を公募も否決

 今回否決された「2人目の副市長」の民間採用案は石丸市長肝いりのアイデアだった。まず、人材サービス大手のエン・ジャパンで応募を受け付ける異例の手法を採用したことが注目を集めた。1月4~31日の間、4115人から応募があり40人が書類選考を通過。市職員によるオンライン面接を経て、石丸市長と米村公男副市長が最終選考に残った13人をオンライン面接し、四登氏を内定していたのだ。

 石丸市長は自身の公式Twitterアカウントで1月6日、「『なぜ他社ではなくエン・ジャパンなのか』というと、実績に裏打ちされたノウハウの蓄積が決め手です。大手の転職エージェントに色々と相談に乗って頂き、慎重に比較検討した上で、#エン・ジャパン株式会社のサービスを利用しようと決めました」などと投稿していたのだが、市議会は市長のネットを多用した「スタンドプレー」に難色を示していた。採決に先立つ一般質問でも双方の対立は以下のように先鋭化していた。

「石丸市長は開会中の市議会定例会の一般質問に先立ち、『どう喝』問題について自身と対話の場を持つ意思を示した市議に対してのみ一般質問で答弁すると発言。3月4日の一般質問では『後ほど文書で回答する』などと繰り返し答弁した。『答弁内容が不十分』と市議の反発を招き、議長が一般質問を打ち切る事態もあった」(3月10日付中国新聞インターネット版『公募の34歳副市長 賛成少数で否決 安芸高田市議会』より

 上記の記事は実名表記ではないため、対立の構図が見えにくくなってしまっているが、石丸市長が『後ほど文書で回答する』などと“不十分な答弁”をした相手こそ、一連の混乱の発端となった武岡隆文市議だったのだ。

“居眠り”?ツイート→“恫喝”?問題発生→市長がTwitterで暴露

 中国新聞の一連の報道などによると、すべての発端は昨年の9月定例会で、石丸市長が、前出の武岡市議が“議会中に居眠りをしていた”と取れる発言やツイートしたことにあるようだ。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合