NEW
木村誠「20年代、大学新時代」

東京都立大学を上回る“マンモス”大阪公立大学の誕生で関西の受験勢力図は激変か?

文=木村誠/教育ジャーナリスト
東京都立大学を上回るマンモス大阪公立大学の誕生で関西の受験勢力図は激変か?の画像1
大阪市立大学1号館(「Wikipedia」より)

 愛知県の大村秀章知事リコール事件で、日本維新の会の県議会議員が事務局長を務め、大阪府の吉村洋文知事が当初はリコール運動にエールを送っていたこともあって、維新との関係が話題を呼んでいる。また、維新は大阪都構想に関して行った2回の住民投票で多数を取れず、計画は頓挫している。

 そんな中、大阪府立大学と大阪市立大学の統合による大阪公立大学(仮称)の設立は実現に向かって進んでいる。「大阪大学(大阪ビジネスパークの将来構想・大阪大学ASEANキャンパス構想など)+大阪公立大のインバウンド留学生・外国人研究者」戦略を連想させる。世界レベルでのアカデミックの拠点を目指していると思われる。

 また、授業料を実質無償化する制度などで大阪府が展開している大阪府子ども総合計画を基盤とする「こども囲い込み戦略」で、優秀な子どもの進学の受け皿として大阪公立大を考えている、ともいわれる。近隣の兵庫県・奈良県・和歌山県などは大阪への交通の便が良いだけに、中学や高校などの「優秀な子どもを大阪府に持っていかれる」ことを恐れていることは想像に難くない。

東京都立大を上回るマンモス公立大に

 大阪公立大は2022年度に開学予定だが、1法人2大学のアンブレラ方式でなく、2大学の教育研究組織の完全統合へと進む。新キャンパスは大阪城横の森ノ宮に建設される予定で、都心回帰の狙いがあると思われる。今後、維新が大阪の地方選挙で負け、知事や市長の座を明け渡すことになっても、この統合は進むであろう。ただ、大阪市大のOBからは、母校消失だと残念がる声も聞く。

 大阪市大は、旧三商大と言われた商学部と、附属病院と連携する医学部が知られている。伝統があり、世界ランキングでも大阪府大より高い。ただ、石原慎太郎元東京都知事が改組設立した首都大学東京のように、政治家に振り回されるのが公立大学の宿命である。大阪市大も抗することができなかったのではないか、という見方もある。ちなみに、首都大学東京は2020年4月から旧名の東京都立大学に戻った。

 一方、大阪府大は2005年に旧大阪府立大学、大阪女子大学、大阪府立看護大学の3大学を統合して生まれた。ただ、その前は、工学部・農学部・教育学部を擁する浪速大学から1955年に大阪府立大学へと名称変更した経緯がある。そのため、看板学部は工学域(2012年に学域制)と生命環境科学域の獣医学類といわれる。特に獣医学部は関西には大阪府大にしかなく、北海道の北海道大学と西の大阪府大と並び称される。ただ、大自然をバックにした北の大地と大都会の難波の獣医では、受験生に与える印象は違うようだ。

 大阪都構想が実現していれば大阪都立大学というべきかもしれないが、東京都立大をはるかに上回るマンモス公立大が生まれることになる。両大学とも、日本経済新聞の地域貢献度では上位ランクに入る。特に、他の公立大に比べて地元企業との連携が進んでいる。ただ、すべての公立大は法人化してから、地方財政が逼迫している折、運営費交付金は国立大学法人と同様に大幅に減っている。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合