NEW
木下隆之「クルマ激辛定食」

BMW新型「M3」、驚愕のパワーエンジン…競技レベルの速さ+日常性、乗り心地も快適

文=木下隆之/レーシングドライバー
【この記事のキーワード】

, ,

BMW新型「M3」、驚愕のパワーエンジン…競技レベルの速さ+日常性、乗り心地も快適の画像1
BMW新型「M3コンペティション」

 BMWに新型「M3」が誕生した。エクステリアでの最大のトピックは、存在感が際立つ縦長のキドニーグリルを纏ったことだろう。すでに新型4シリーズでお披露目を終えているが、肯定する意見とネガティブ評価が侃侃諤々と飛び交う、話題の顔つきである。

 実は新型「M4」も同時にデビューしており、ほぼ共通のフロントマスクで、将来的には「M5」にもこの意匠が受け継がれる可能性がある。つまり、今後のMシリーズの「顔」となる可能性が高いのだ。

BMW新型「M3」、驚愕のパワーエンジン…競技レベルの速さ+日常性、乗り心地も快適の画像2

 搭載されるエンジンは、直列6気筒3リッターツインターボ。最高出力は510ps/6250rpm、最大トルク650Nm/2750-5500rpmに達する。怒涛のピークパワーが尋常ならざるレベルに達しているのは、想像の通りだ。

 実は、試乗車は日本に輸入されたばかりの新車であり、走行距離も数百kmにとどまる。鳴らし運転の最中であり、最高出力も抑えられていた。それでも激辛な速さには一点の曇りもない。510psほどになると、その次元での数馬力はサーキットでタイム計測でもしない限り、違いが現れない。そんな高いレベルに達しているのである。

 それが証拠に、今秋には4WDモデルが追加されるという。フロントに強力なパワーユニットを搭載し後輪を駆動させるという、M3が長年受け継いできたスタイルを改める必要がある。つまり、新開発のエンジンは、2輪だけでは受け止められないほど強力になってしまったというわけだろう。

BMW新型「M3」、驚愕のパワーエンジン…競技レベルの速さ+日常性、乗り心地も快適の画像3

 与えられたタイヤは、前輪275/35R19インチ、後輪285/30R20にも達する。前後異径サイズの極太タイヤをもってしても、そのパワーをトラクションに転嫁するには限界を迎えてしまったというわけである。

 ただし、FR駆動であっても持て余すことはない。出力特性は柔軟であり、低回転域からレスポンスが良い。市街地をゆるゆると走行しても、辛口スポーツモデルがそうであるようにギクシャクすることはない。乗り心地も、その速さを思えば許容範囲であり、快適なロングドライブもこなす。ドライブモードを「スポーツプラス」にセットすれば、そのままサーキットで最速タイムを叩き出すかのような速さを披露するにもかかわらず、「エコモード」や「コンフォートモード」にアジャストするだけで牙を隠す。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合