ドンキ、買うのは要注意!難アリ商品5選…水加減が難しすぎる炊飯器、具材少なすぎるパスタの画像1
MEGAドン・キホーテの店舗

 日用品から生活雑貨、衣類、おもちゃなど、幅広い商品ラインナップが特徴的な「ドン・キホーテ」。その店舗展開は日本国内だけにとどまらず、ハワイやカリフォルニア、シンガポール、香港など海外にも着々と店舗を出店し、今年3月にはマレーシアの首都であるクアラルンプールに店舗をオープンした。

 そんなドンキは2009年に「情熱価格」というPB(プライベートブランド)を立ち上げ、現在は約3900アイテムを展開している。今年で12年目を迎える情熱価格だが、2月24日にロゴマークの変更や新ブランドライン「ありえ値ぇ情熱価格」の登場、ユーザーからのダメ出しを募るウェブサイト「ダメ出しの殿堂」開設といった一大リニューアルが発表された。

 ドンキを運営する株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの代表取締役社長CEOである吉田直樹氏はリニューアルの発表会で、「安さを追求するあまり面白味に欠ける商品をつくっていた」と発言。ユーザーの意見を反映させた商品づくりに取り組んでいく意向を表し、“プライベートブランド”ならぬ“ピープルブランド”への変革を目指すことも宣言している。

 今後の発展が期待されている「情熱価格」だが、やはり改善の余地のある商品もいくつか見られるようだ。そこで「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は、売り場面積の広さと品揃えの豊富さが特徴の「MEGAドン・キホーテ」で販売されている情熱価格商品を独自に調査し、「この春、ドンキの買ってはいけない商品5品」を選出した。

薫麦 食パン 5枚/78円(税別、以下同)

ドンキ、買うのは要注意!難アリ商品5選…水加減が難しすぎる炊飯器、具材少なすぎるパスタの画像2

 最初に紹介するのは、2019年10月15日付当サイト記事『ドンキ、激安でも買ってはいけない商品5選…ボロボロになる歯ブラシ、洗えない食器用洗剤』でも取り上げた「薫麦 食パン」。製パン会社として有名な第一パンとのコラボ商品ながら、その品質に難があると指摘されていた商品だったが、約1年半たっても相変わらずのクオリティだったため、あらためて“買ってはいけない商品”として注意を促したい。

 風味の豊かさを謳っているにもかかわらず小麦の香りがしないことと、パサパサとした口当たりに批判が集まっており、実際に焼かずに食べてみたところ、やはり小麦の香りはせず、パサついた食感がダイレクトに感じられた。

 しかし、食感についてはトースターで焼き上げ、ジャムやバターを塗って食べてみると、そこまでパサついた感覚はなく、美味しく食べることができた。とはいえ、値段の安さもあってスーパーなどで売られている他メーカーの食パンよりも少々味は劣っているため、パンにこだわりが強い方は購入を避けるのが妥当だろう。

うまみ凝縮 あらびきポークウィンナー/198円

ドンキ、買うのは要注意!難アリ商品5選…水加減が難しすぎる炊飯器、具材少なすぎるパスタの画像3

「うまみ凝縮 あらびきポークウィンナー」は、JAS(日本農林規格)の上級認証を得ている商品。しかしながら、味や食感に関してはあまり評判が良くないようだ。

 実際に購入し、ボイル調理をして試食してみたところ、商品の特徴である噛んだ瞬間のパリッとした食感こそあったものの、中身は弾力がなくグニュッとしていてイマイチだった。また、塩気も少々強すぎるように感じる。

 野菜炒めの食材に使用したときは美味しく食べることができたため、調理法によっては化ける可能性もあるのだろう。だが、さまざまな調理法を試して美味しい食べ方を発見したくなるほど品質が高い商品というわけでもないので、ウィンナーで失敗したくない場合はほかの商品を当たるべきだ。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合