NEW

機能性は1000円以上?ダイソー、必ず“買ってよかった”と確信できる商品5選

文・取材=「Business Journal買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio

機能性は1000円以上?ダイソー、必ず“買ってよかった”と確信できる商品5選の画像1

 今や我々の日常の一部として深く根ざしている100円ショップブランド。なかでも1977年に法人化して以来、業界のトップランナーとして君臨し続けている「ダイソー」はデザイン力・機能性・コストパフォーマンス面で高い水準を維持しており、消費者からの信頼も高い。

 店舗数でも業界1位を記録しており、日本国内では2020年2月末の時点で3493店舗、海外でも26の国と地域に2248店舗を展開している。2020年3月末時点での売上高は5015億円にも上っており、まさに不動の王者といったところだ。

 そんなダイソーは今年の春も、例年通り思わず手を伸ばしてしまう新商品を続々と生み出している。「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は今年もダイソーの新商品を徹底的にリサーチし、「この春、買うべきダイソーのおすすめグッズ5選」を選出した。

レジャー用防水バッグ(15リットル、ストラップ付き)/550円(税込、以下同)

機能性は1000円以上?ダイソー、必ず“買ってよかった”と確信できる商品5選の画像2

 近年、ダイソーは高価格帯の商品にも力を注ぎ始めている。この「レジャー用防水バッグ(15リットル、ストラップ付き)」もそのひとつで、値段は税込550円。高価格帯といっても1000円以下なので、お財布にとって大きな負担とはならないだろう。しかし、その機能性は1000円以上といっても過言ではない。

 レジャーの選択肢が限られるコロナ禍において、同じ生活圏内にいる家族や恋人間などの少人数でも楽しめるキャンプは、感染リスクが低いレジャーといえる。本商品はそんなキャンプシーンで汚れや水から内容物を守ってくれる、塩化ビニル樹脂とポリエステル製の防水バッグ。幅約25センチ、高さ約30センチ、15リットルも入る大容量で生地も分厚く、つなぎ目もしっかりとしている。

 その最大の魅力は持ち運びやすさ。開口部を丸めてバックルで留めれば、そのままハンドルとして持てるだけでなく、付属のフックでバッグのカラビナやポールに吊るしておくことも可能。さらに驚きなのはここからで、付属のストラップを側面のフックに取り付ければ、斜めがけにすることもできるのだ。100円ショップのものとは思えない本格的なキャンプアイテムといえるだろう。

ステンレスハンガー(8ピンチ、丸型)/220円

機能性は1000円以上?ダイソー、必ず“買ってよかった”と確信できる商品5選の画像3

 次に紹介する「ステンレスハンガー(8ピンチ、丸型)」も100円超えの商品。直径18センチほどのステンレス製で、劣化しやすいプラスチック製のハンガーが主流の100円ショップブランドでは耐久性に優れている。

 一般的な安価なステンレスハンガーには土台部分が簡素なものが多いが、これは二重になったステンレス製の輪を土台部分にしているので、干したときの安定性がかなり高い。さらには、ハンガー部分にロック機能が付いているので、突風が吹いて物干し竿から落ちてしまう……なんて心配もない。

 取り回しの利く小さなサイズ感なうえ、値段も安価。丸型の他に角型もあるので、春から新生活を始める人にぜひお薦めしたい、調査班イチオシの高コスパアイテムだ。

水切れがいい洗面コップ/110円

機能性は1000円以上?ダイソー、必ず“買ってよかった”と確信できる商品5選の画像4

 目鼻に辛い花粉が飛び交うことになる春の季節。帰宅後などのこまめなうがいは、新型コロナウイルスの感染予防や花粉の洗浄のため、より一層欠かせないものになってくる。そんなときに持っていたい洗面所用のコップが、この「水切れがいい洗面コップ」だ。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合