NEW

和歌山市、ツタヤ図書館に関する公文書を隠蔽か?8カ月間も議事録なし、追及され逆ギレ

文=日向咲嗣/ジャーナリスト
和歌山市、ツタヤ図書館に関する公文書を隠蔽か?8カ月間も議事録なし、追及され逆ギレの画像1
「キーノ和歌山公式サイト」より

「だから、共有フォルダを1週間かけてさんざん探してみたんですよ。だけど、その間の文書はないんですよ!」

 受話器の奥に響く担当者のイラついた声に、筆者はあぜんとした。公文書を管理・保管して適切に開示する責務を負う役所が、「文書がない」ことの責任を痛感して反省するどころか、“逆ギレ”といえるような反応を示したからだ。

 保存年限が経過したことによる廃棄ではない。“のり弁”と呼ばれる、黒塗りされた不開示でもない。普通に開示された会議の議事録が、なぜか一部分だけゴッソリと抜かれていたのだ。これは、違法な公文書の廃棄や改ざんに等しい行為ではないか。

 昨年6月、南海和歌山市駅前に新しい市民図書館がグランドオープンした和歌山市のことである。TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営する「関西初のツタヤ図書館」として注目を浴びたが、その華やかなデビューの裏側では、次々と不可解な出来事が起きていた。

 下の写真は、和歌山市とCCCが2018年4月~19年12月の一部開館までの1年9カ月にわたって、新しい市民図書館の運営について話し合った定例会議事録の一部である。

和歌山市、ツタヤ図書館に関する公文書を隠蔽か?8カ月間も議事録なし、追及され逆ギレの画像2

 和歌山市内の市民団体の代表者が昨年3月に開示請求を行い、30日の延長決定を経て6月4日に計48枚の議事録(添付資料含めると91枚)が開示された。個人情報や企業機密等にあたる部分は「一部不開示」とされてはいるものの、それによって黒塗りされていたのはほんの数カ所のため、ほとんど気にせずスラスラ読み進められる。

 これを一通り読めば、新しい和歌山市民図書館のサービスをどのようにして、蔵書の分類や配架などもどのようにするかを、和歌山市が運営者のCCCと話し合って進めていったかがすべてわかる、はずだった。

 ところが、いくら読み進めても、この議事録には筆者が知りたかった肝心のことが何も書かれていない。これはおかしいと思い、議事録の日付を詳しく見ていくと、途中のある時期のみ、記録が抜け落ちていることがわかった。その空白期間は、18年7月から19年3月までの8カ月間だ。

 ほかの期間は毎月1~2回開催されている定例会のため、これだけ長期間にわたって会議が一度も開催されなかったとは考えられない。そもそも、一部不開示であれば、その部分の議事録が全面黒塗りになっているはず。また、不存在であれば、その理由(「保存期限が経過した後に廃棄」など)を明示したうえで、不存在の箇所が特定されているはずだが、それもない。

 誰かが意図的に、この期間の議事録を抜いてから開示したとしか考えられない。そうだとしたら、開示された文書全体の主旨が大きく変わってしまう。公文書の改ざんともいえる不法行為ではないか。

8カ月にわたって一切の議事録が消失

 以上のような経緯を、文書を開示決定した和歌山市教委・読書活動推進課の担当者に伝えたところ、こう回答された。

「わかりました。1週間だけ待ってください。その間に詳しく調べてみます」

 その場で「そこの期間の議事録がないのは、こういう理由です」という説明は何もなかった。やはり、何かがおかしい。そして約束の1週間がたったが、担当者から連絡はない。しびれを切らして、こちらから何度か電話をしたが不在。10日後にようやく担当者がつかまって得られた回答は、実にそっけないものだった。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合