韓国で急浮上の「日韓海底トンネル」構想は実現するのか?かつて森喜朗&小沢一郎も関心の画像1
日韓トンネル予想ルート図

 日本と韓国の関係が戦後最悪と言われる中で、「日韓海底トンネル」構想が浮上している。これは、日本の九州と韓国の釜山を海底トンネルで結び、鉄道などを走らせるインフラ計画だ。

 韓国の最大野党「国民の力」非常対策委員長の金鍾仁氏が言及した、総距離200km以上に及ぶ壮大なプロジェクトである。4月7日に行われたソウルと釜山の市長選挙では、いずれも同党の候補者が与党候補を下した。同党のトップを務めた金氏は退任したが、日韓トンネル構想は前進するのか。

 日韓トンネル推進全国会議の横田浩一事務総長に聞いた。

韓国で急浮上の「日韓海底トンネル」構想は実現するのか?かつて森喜朗&小沢一郎も関心の画像2
日韓トンネル完成予想図

当時、森喜朗も乗り気だった日韓トンネル構想?

――日韓トンネルについて、これまでの両国政府の動きについて教えてください。

横田浩一氏(以下、横田) 2008年、福田康夫首相と李明博大統領による日韓首脳会談が行われ、その結果を受けて、2010年に日韓新時代共同研究プロジェクトの報告書が発表されました。同年は1910年の日韓併合から100年目にあたる節目の年でした。報告書では21の提言がなされ、その中のひとつに「海底トンネルの推進」があります。これは、非常に重要な意味を持ちます。

 日韓間には歴史認識の問題があり、特にここ数年は関係が悪化していますが、それは両国のみならず東北アジアの繫栄のためになりません。韓国では2009年に李大統領が韓国の国土構想を発表し、その後10年かけて、東北アジアのインフラについて研究を進めてきました。それが、2018年の光復節(8月15日)の文在寅大統領による「私は北東アジアの平和と繁栄のために、韓国、北朝鮮、中国、ロシア、モンゴル、日本、そしてアメリカを入れて6~7カ国による鉄道共同体を提案したい」という歴史的な演説につながったのです。

――日韓トンネルについて、過去の日韓首脳の発言にはどのようなものがありますか。

横田 1990年代に盧泰愚大統領が日本の国会で記念演説をした際、「日本の青年が日韓トンネルを通じて、ソウルで出会い、最後は北京で会おう」という発言がありました。また、竹下登首相が山口県下関市からの掘削の検討を提案されたこともあります。

 日韓新時代共同研究プロジェクトの報告書によれば、特に熱心だったのは森喜朗首相で、2000年10月のASEM(アジア欧州会合)で、日本と韓国をつなぐトンネルをつくり、「ASEM鉄道」と名付けようと提案しています。小泉純一郎首相と盧武鉉大統領による首脳会談では、韓国側は3回にわたって日韓トンネル建設を提案しています。

 また、非自民党政権でも、羽田孜首相、菅直人首相が日韓トンネル構想に言及し、小沢一郎議員も韓国の大学で日韓トンネルを説いた講演を行ったと聞いています。

――釜山市長選では、トップが日韓トンネルに言及していた野党の候補者が与党を破り、当選しました。

横田 この結果を受けて、韓国国内では非常に大きな問題として浮上する可能性があります。2022年に行われる大統領選挙においても、関心事のひとつとなるかもしれません。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合