【確認中】『青天を衝け』草なぎ剛が出ていったあと、一橋徳川家は?…慶喜の将軍就任後の継承者たちの画像1
江戸時代後期の大名、徳川茂栄(もちはる)。美濃高須藩11代藩主、尾張藩15代藩主、一橋徳川家10代当主。幕末から明治にかけて、目まぐるしく移り変わる時代に生きた茂栄の数奇なる運命とは?(画像はWikipediaより)

「高須四兄弟」の五男・徳川茂栄の数奇なる運命…美濃高須藩主→尾張藩主→一橋藩主

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』第12回(5月2日放送)で、一橋徳川慶喜(演:草なぎ剛)は上洛を宣言。養祖母・徳信院(演:美村里江)と美賀君(演:川栄李奈)は、ともに一橋家を守っていくことを誓った――のだが、慶喜はこの後(1866年12月)、将軍家の家督を継ぎ、征夷大将軍となる。つまり、一橋家からオサラバしてしまうのだ。では、そのあと、一橋家はどうなったのか。

 当然ではあるが、一橋家には新たな養子が来た。徳川茂栄(もちはる/1831~1884年)、35歳(以下、年齢は満年齢表示)。

 茂栄は、美濃高須藩主・松平義建(よしたつ)の五男として生まれた。有名な「高須四兄弟」のひとりである。

 何が有名かというと、次男の徳川慶恕(よしくみ/のち慶勝[よしかつ])は尾張徳川家を継ぎ、七男で会津松平家を継いだ京都守護職・松平容保(かたもり)、八男桑名藩の久松松平家を継いだ京都所司代・松平定敬(さだあき)と、名君ぞろいだったのだ。実は三男に浜田藩の越智(おち)松平家を継いだ松平武成(たけしげ)もいるのだが、維新前に死去したためか、残念な人物だったのか、高須四兄弟には算入されていない。

徳川茂栄、実家の高須松平家、そして本家の尾張徳川家を継ぐ

 高須松平家は尾張徳川家の分家なのだが、祖父・松平義和(よしより)は水戸徳川家からの養子で、高須四兄弟は慶喜の又従兄弟にあたる。茂栄は、2人の兄が養子に行ってしまったので19歳で高須松平家を継いだ。当時の名前は松平義比(よしちか)。

 ところが、1858年に安政の大獄が起きて、実兄・徳川慶恕が隠居に追い込まれた。慶恕の子・元千代(のちの徳川義宜[よしのり])は2カ月前に生まれたばかり、茂栄がピンチヒッターとして尾張徳川家を継ぐことになり、茂栄は徳川茂徳(もちなが)と名を改めた(本稿ではややこしいので、そのまま茂栄と表記する)。

 そもそも、高須松平家の役割が、尾張徳川家のネクスト・バッターボックスみたいなものだから、それはしょうがない。茂栄の1歳の子を松平義端(よしまさ)と改名させて、美濃高須藩主としたが、2年後の1860年に早世してしまったので、末弟・十男の松平義勇(よしたけ)を後継藩主とした。義勇はその前年に生まれたばかり、父・義建は還暦だった。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合