NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第37回

連ドラ主演クラスでギャラ2千万円の“安さ”を考える…芸能人が不倫で謝罪する本当のワケ

芸能吉之助(現役芸能プロマネージャー)

geinou  どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

 ここ数年、大手芸能プロダクション所属のタレントによる独立ラッシュが続いていますね。

 この4月にも、佐藤健くんや神木隆之介くんが、長く在籍した大手芸能プロ・アミューズを退所して新会社に移籍、昨年11月に不倫スキャンダルが発覚して無期限の活動自粛中だった近藤真彦さんはジャニーズ事務所を退所、女性社長によるパワハラ問題で揺れている中堅プロ、スウィートパワーからは、デビュー当時から所属していた高杉真宙くんが退所して個人事務所を設立……と、さまざまな動きがありました。

 すでに売れっ子になっていれば、大手芸能プロダクション所属という肩書きがなくても自分の名前で仕事が舞い込んでくるだろうし、事務所の取り分がなくなったことでギャラも増えるでしょう。そりゃあ、“揉めて辞める”とかではなく“円満退所”ならば、独立したほうがメリットは大きいように感じます。

 だって実際、雨上がり決死隊の宮迫博之さんとか、元NEWSの手越祐也くんなんかはYouTubeで稼ぎまくってて、一説によれば年収は億をゆうに超える……なんて話もあります。かつては吉本興業やジャニーズ事務所に所属していた宮迫さんや手越くんがまさにそうであるように、大手プロを辞めて“圧力”や“忖度”で地上波に出られなくなっても、今はYouTubeやSNSで自己発信してビジネスできるから全然いいじゃん!とも思えちゃいますよね。

 時代が変化したこともあって、これからは芸能プロダクションの力が弱くなっていき、タレントはプロダクションに所属せず、ハリウッドで主流の“エージェント方式”が日本の芸能界でも一般的になっていくのでは……といった見立てもあります。

日本の芸能界も、欧米式のドライな「エージェント方式」に切り替わっていく?

 ここでいうエージェント方式とは、出演先への営業やクライアントとのギャラ交渉、仕事のスケジュール管理のみをタレントの代理人が代行するような形式を指します。しばしば“ファミリー”に例えられる日本のプロダクションのように、業界の礼儀やしきたりの教育や、タレントの日々の生活の世話などまでカバーし、タレントの面倒をまさに“まるごと”見るのではなく、いわば秘書のようなビジネスライクな役回りのみを担う……というイメージでしょうかね。

 このエージェント方式の場合、ギャラはタレントの手元にまるっと入った後、その手数料をエージェントに支払う形になるのが一般的なので、基本的にはタレント側の取り分が大きくなる。いうなれば、タレントはエージェントにとっての“お客様”のような立場になるので、お互いの力関係も対等です。それとは真逆で、プロダクション側の力が強い関係が基本の、日本的な芸能プロダクションなんて、ただの既得権益企業、圧力団体であって、これからのネット時代にはもういらないんじゃないか……みたいな意見さえ聞くことがあります。

 でも、コトはそう単純じゃないんですよ。

 ひとくちに芸能人といっても、宮迫さんや手越くんみたいな芸人さんやタレントさん寄りの人であれば、自分を商品として切り売りできるので、まだ独立のうま味はあるのかもしれません。しかしこと俳優、役者さんという職種に限っていえば、ブレイクして功成り名を遂げた後に、その“売れっ子”の状態を維持したまま今後は独立独歩でやっていきたい……と考えて大手芸能プロダクションを辞めたとしても、実際のところひとりでやっていくのはまだまだしんどい……という、日本の芸能界独特の構造があるんです。

 そこで今回は、そういった「日本の芸能界独特の構造」について説明していきましょうかね。

【確認中】連ドラ主演クラスでギャラ300万の“安さ”を考える…芸能人が不倫で謝罪する本当のワケの画像1
人気俳優の佐藤健、神木隆之介が長く在籍した大手芸能プロ・アミューズを退所し、新会社「Co-LaVo」に移籍、話題となった。(画像は「Co-LaVo」公式サイトより)
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合