経済同友会、地盤沈下が止まらず…「女性側にも原因」発言で炎上の櫻田代表幹事が再任の画像1
経済同友会が所在する日本工業倶楽部別館(「Wikipedia」より/Wiiii)

 経済同友会は4月27日、東京都内で通常総会を開き、櫻田謙悟代表幹事(SOMPOホールディングス<HD>グループCEO)を再任した。19年4月の就任から2期目(1期2年)に入る。オイシックス・ラ・大地の高島宏平社長、大和証券グループ本社の田代桂子副社長、リコーの山下良則社長の3人を新たな副代表幹事に選任した。コロナ感染防止のため、総会の出席者を限定し、多くの会員はオンラインで参加した。

 前東芝社長の車谷暢昭氏は「本人からの申し出」により、副代表幹事を辞任した。車谷氏は昨年、副代表幹事に就任したばかり。1期2年の途中で退く。同氏は4月14日、買収を仕掛けた投資ファンドとの不明朗な関係を指摘され、辞任に追い込まれた。

 昨年末に、こんな噂が経済同友会の関係企業の幹部の間を駆けめぐった。

「櫻田さん、(同友会の)会議に出てこないらしい。いつもオンラインばかりだ。年頭所感も副代表幹事の車谷さんがまとめているが、当たり前の話ばかりで中身がない」(同友会の関係者)

 別の関係者は「櫻田・車谷さんは財務省の若手官僚をブレーンにしている。それで新しい話は出てこない」と切って捨てた。「新浪剛史さん(サントリーHD社長)が代表幹事になれば情報発信力は増し、マスコミの関心も高まるのだが……」。これで、この噂は一件落着となった。

 総会で櫻田代表幹事は「企業には国家戦略の形成と実行を担う大きな責任がある」と述べ、国の政策への関与を強めていく考えを示した。昨年設置した「未来選択会議」で環境・エネルギー政策や財政などについて、「政策決定プロセスを揺さぶるような力を発揮していきたい」と強調した。

 スタートアップ企業が参加しやすいよう、対話の場を設けるなど「次世代の経営者を育成する場に進化させていく」。櫻田氏は総会後の記者会見で「発信力を高めていくことが重要だ」と語り、政策提言にとどまらず、発信力の強化に取り組む、とした。

ダイバーシティ推進の旗振り役

 19年4月の通常総会で、新しい代表幹事にSOMPO HD社長(当時)の櫻田氏が就任した。SOMPO HDが女性の活躍に向けたダイバーシティを推進していることが、櫻田氏を代表幹事へと押し上げた。

 2013年、安倍晋三政権(当時)が女性の活躍を成長戦略の柱に掲げた。企業に女性の活躍に向けた行動計画の策定を義務付けた「女性活躍推進法」が16年4月、施行された。女性管理職の比率を「20年代早期に30%にする」のが政府の目標である。

 SOMPO HDは、いち早く、「20年度30%」の目標を掲げ、積極的に女性管理職を登用した。13年7月時点でグループ全体の女性管理職の比率は5.0%にすぎなかったが、19年4月には21.3%に高まった。グループ最大の事業会社である損保ジャパンで女性の取締役2人、執行役員1人、部店長15人が誕生した。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合