NEW
重盛高雄「謎解き?外食が100倍面白くなる話」

テイクアウト&デリバリー“最強の容器”開発最前線…こぼれない、家で出来立て料理

写真・文=重盛高雄/フードアナリスト
テイクアウト&デリバリー“最強の容器”開発最前線…こぼれない、家で出来立て料理の画像1
Relocks Japanのサイトより

 緊急事態宣言による営業自粛などで外食産業の苦境は続いている。飲食店は多くの感染防止対策を施しており、自らの力で光明を見いだそうと行動を起こしている。

 シェアリングデリバリー業界の大手、出前館が3月に発表した2021年8月期第2四半期(20年9月~21年2月)によると、店舗数は前年比約7.5倍、配達員数は約10倍に増えている。新たなデリバリー専業者の参入に伴い、消費者が自宅で受け取ることができる食品・食材は各段に増えてきた。コロナ禍にあってテイクアウトに加えデリバリーがより身近な存在として活用されていると見受けられる。配達員と歩行者の接触事故や交通法規違反の事例は後を絶たないが、デリバリーというインフラ自体はかなり整備されてきたと実感する。

 ファンくる(株式会社ROI)が行ったテイクアウトについての意識調査(21年3月16日~19日実施)では、次の結果になったという(以下、調査結果サマリーより抜粋)。

1:89%の人がコロナ禍でテイクアウトを利用したことがある。

2:62%の人がテイクアウトを継続利用したい。緊急事態宣言前より14%増加。

3:月1回以上テイクアウトを利用する人は24%。週に1回以上利用する人も。

 テイクアウトも消費者の身近な手段となっていることがうかがえる。

 家にいる時間は長いとはいえ仕事をしているため、自由になる時間は決して多くないというのが在宅勤務(テレワーク)の実情ではないだろうか。そのため、時間を効率よく活用することが在宅勤務では求められている。貴重な息抜き、気分転換が食を楽しむ時間であれば、少しおしゃれなメニューを楽しみたくなる。デリバリーやテイクアウトの利用増加は当然の帰結であり、購入単価の高額化も必然の流れといえよう。

 飲食店は、コロナ禍により店内飲食の伸びが見込めない以上、デリバリーやテイクアウトに本腰を入れている。特にテイクアウトはさらに拡充されるべきと筆者は考える。そのためには、

(1)商品ラインアップの拡充

(2)調理後の温度変化を少しでも抑え、料理の質的な向上を図る

ことがカギになる。商品ラインアップの拡充には、いくつかの外食チェーンが客席を持たない実験店舗の開設やコラボ店舗への転換を推進するなどの事例も増えてきた。たとえば、すかいらーくグループの「ガスト」が「から好し」併設店舗の取り組みを今年度全店舗に拡大する。しかし、現状のままではテイクアウトのさらなる拡大は難しい。なぜなら店舗で受け取るタイミングで料理はすでに完成品、すなわち「できたて」として仕上がっているからだ。

 冷たい料理や飲料を持ち帰るのであれば、保冷材などの資材は豊富だ。一方、温かい料理は持ち帰りによる時間経過に伴い冷えてしまい、自宅での味の再現性は残念ながら高くない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合