ソフトバンクG、純利益4.9兆円で「世界3位」のカラクリ…マイクロソフトを上回るの画像1
ソフトバンクショップ(「Wikipedia」より/Kirakirameister)

「(自分は純利益が)5兆円、6兆円で満足する男ではない。10兆円でも満足しない」

 5月12日に行われたソフトバンクグループ(SBG)の決算説明会で孫正義会長兼社長は、さらなる業績拡大に自信をのぞかせた。過去最大の赤字から同最大の黒字に転換した決算だった。21年3月期連結決算(国際会計基準)の純利益は4兆9879億円という日本企業としては驚異的な数字となった。トヨタ自動車が18年3月期に計上した2兆4949億円がこれまでの最大だった。

 SBGは20年3月期に9615億円の赤字だったことを考えるとV字回復どころではない。オセロゲームさながらに黒い石が白石に替わった。世界企業の純利益ランキング(2020年度)だとSBGの4兆9879億円は、米アップルの6兆1905億円(20年9月期)、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの5兆2618億円(20年12月期)に次いで世界第3位となる。米マイクロソフトの4兆7882億円(20年6月期)、中国工商銀行の4兆7499億円(20年12月期)を上回る。

 戦略的投資会社を標榜するSBGがオマハの賢人と呼ばれるウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイの4兆5399億円(20年12月期)を上回ったことは、感慨深いものがあったかもしれない。

 不思議なことにSBGの売上高は5兆6281億円しかない。純利益が売上高の88.6%に相当する。このような数字になる最大の理由は、SBGが事実上の投資会社に変貌しているからだ。

 孫氏がSBGの前身の日本ソフトバンクを設立したのは1981年。当初は出版やソフトの流通という地味な事業会社だった。90年代以降、米ヤフーへの投資などをきっかけに、次々とM&A(合併・買収)を仕掛け、めまぐるしく業態が変化し、2010年代には日米の有力携帯電話会社を持つ巨大通信会社に変身した。15年、ソフトバンクグループに社名を変更し、脱皮を図る。

SVF 1号、2号の投資利益は6兆円

 17年、サウジアラビア政府系ファンドのオイルマネーを呼び込んだソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF、10兆円)を傘下に置き、傘下のファンドを通じて多数のベンチャーに投資する戦略的投資会社へと完全に経営の舵を切った。とはいえ、サウジアラビア王族などから多数の資金を調達して鳴り物入りでスタートしたSVF 1号ファンドとは違い、同2号ファンドは資金が集まらない状態で苦難のスタートを切った。10兆円を集めたSVF 1号と、自己資金のみで3兆円規模の同2号は孫社長の置かれた投資環境の違いを如実に示している。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合