NEW
“世紀の怪作”?映画『愛・旅立ち』の真実に迫る【後編】

1985年、マッチ“裏切り人生”の原点…近藤真彦&中森明菜“驚異の封印映画”のなぞ

文=峯岸あゆみ
【この記事のキーワード】

, , ,

1985年、マッチ“裏切り人生”の原点…近藤真彦&中森明菜“驚異の封印映画”のなぞの画像1
記念すべきデビュー40周年の節目に不倫報道があり、結果としてジャニーズ事務所を退所した近藤真彦。そして今年は中森明菜のデビュー40周年。そんな2人の共演が当時話題となった、1985年公開の映画『愛・旅立ち』は、オカルト&超常現象が満載の“トンデモ共演作”だった!?

【前篇】から続く

 不倫騒動、芸能活動自粛、ジャニーズ事務所離脱、そして芸能活動再開……昨年末より近藤真彦がメディアで取り上げられる機会が増え、あわせて中森明菜との過去の恋愛に関するアレコレが掘り起こされている。トップアイドル同士の交際、近藤宅での明菜の自殺未遂、『紅白歌合戦』と同時間帯に行われた明菜の緊急会見(近藤も同席)など、80年代後期の芸能ニュースの主役となった2人にはまた、1985年に『愛・旅立ち』という映画で共演した歴史がある。

 Wikipediaに掲載された『愛・旅立ち』の解説には、「本作をきっかけに近藤と中森は交際を始めた」とあり、Web上ではそれをソースに「マッチと明菜は映画共演をきっかけに付き合い出した」という記事が多数見られる。しかし、実際には少なくとも1984年の時点でメディアは2人の親密な関係を報じていた。つまりこの映画は、恋人同士だと噂された男女のトップアイドルをキャスティングするという、かつてないスキャンダラスな要素をはらんだ超話題作だった。

 ではそんな作品に対して、ファンはどんな内容を求めただろうか? さわやかな青春ラブストーリーだろうか? 80年代らしい都会的な男女の物語? 軽妙なコメディ作? 2人なら、アウトローな世界の若者も似合っただろう。しかし、『愛・旅立ち』は、両者の熱心なファンでさえも無言にならざるを得ない、オカルト&スピリチュアル&超常現象&宗教をごちゃまぜにミックスし、和風の味付けでひたすら陰気に描写した暗黒映画だったのである……!

 そこで本稿では、ファンの期待を大いに裏切ったと思われる、このスキャンダラスな“怪作”『愛・旅立ち』のストーリーを追いかけつつ、検証してみたい。今回はその後篇だ。

【註】ここからは“ネタバレ”的な内容を含みます。
また以下、近藤真彦は「マッチ」、中森明菜は「明菜」と表記。

【『愛・旅立ち』前半部の内容】
 重い心臓病により死期が迫った明菜は、フィクションの世界から突如現れた子どもの姿の「耳なし芳一」の不思議な力で元気を取り戻す。また、「好きだと言ってくれる男の子と会いたい」という願いが叶えられ、ビルから飛び下りようとしていたマッチと出会う。意気投合した2人はマッチのバイクでデートするが、明菜がバイクに乗るには耳なし芳一と一体化する必要があり、それはエネルギーを激しく消耗する行為だった(理由は不明)。海辺まで行き、楽しく過ごした2人だが、帰り道にバイクがガス欠に。ガソリンスタンドを探すためにマッチが一時的に明菜から離れている間に、耳なし芳一のライフがゼロになってしまう。芳一パワーを失った明菜はその場に倒れ、搬送された病院で死亡した。

明菜は「神」に遭遇。マッチは死体を盗難…2人の身に起こるまさかのミラクルとは?

 ガソリンを入手したマッチがもとの場所に戻ると、明菜の姿がない。状況を理解した彼は病院へバイクを飛ばした。そこで明菜の死を知ったマッチは、蘇生を試みようと遺体を無許可で院外に運び出す。そこから明菜は死後の世界にイン。耳なし芳一にエスコートされながら光のなかを歩き、神らしき存在と「死」について会話をする。

 現実世界では、「動物実験治療所」と看板を掲げた古ぼけた建物内に侵入したマッチが、明菜の遺体に心臓マッサージやマウスツーマウスの人工呼吸を施す。公開当時、映画館がザワザワしたシーンだろう。だが、人工呼吸を受ける際に鼻の穴が塞がれていないこともあり、明菜が生き返る気配はない。

 すると、まさかのどんでん返しが。突如、大地震が起き、マッチと明菜がいた建物が全壊したのだ。テレビのニュースでは、首都圏で多くの建造物が倒壊したことを伝えている。犠牲者は少なくないだろう。マッチも死後の世界に行ってしまったのか? しかし、そうはならなかった。駆けつけたレスキュー隊が瓦礫を除去していくと、マッチは生きていた! しかも、地震の衝撃で明菜の心臓が再び動きだしていた! ミラクル発生!

 神が明菜を救うために、ほかの多くの人々の生活や生命を犠牲にしてまで大地震を起こしたのだろうか? ほかにやり方はなかったのか? おまけに神のやることは中途半端で、蘇生したはいいが、明菜の重篤な心臓病はそのままだった。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合