NEW
“世紀の怪作”?映画『愛・旅立ち』の真実に迫る【前編】

近藤真彦&中森明菜の“トンデモ共演作”はなぜ生まれたか…マッチ“裏切り人生”の原点

文=峯岸あゆみ
【この記事のキーワード】

, , ,

【確認中01】近藤真彦&中森明菜の“トンデモ共演作”はなぜ生まれたか…マッチ“裏切り人生”の原点の画像1
1985年に公開された、近藤真彦・中森明菜主演の映画『愛・旅立ち』。タイトルから“さわやか青春ラブストーリー”かと思いきや、なんと耳なし芳一や丹波哲郎が跋扈する、オカルト&超常現象が満載の“トンデモ共演作”だった!? (画像は同作パンフレットより)

 不倫騒動、芸能活動自粛、ジャニーズ事務所離脱、そして芸能活動再開……昨年末より近藤真彦がメディアで取り上げられる機会が増え、あわせて中森明菜との過去の恋愛に関するアレコレが掘り起こされている。トップアイドル同士の交際、近藤宅での明菜の自殺未遂、『紅白歌合戦』と同時間帯に行われた明菜の緊急会見(近藤も同席)など、80年代後期の芸能ニュースの主役となった2人にはまた、1985年に『愛・旅立ち』という映画で共演した歴史がある。

 当時の近藤は、同じたのきんトリオの田原俊彦同様、過去に例のないレベルの人気を誇るアイドルだった。1980年12月発売のデビューシングル『スニーカーぶる〜す』はオリコンウィークリーチャートで史上初の“デビューシングルで初登場1位”を記録。そのセールスは、70年代のトップ男性アイドル、西城秀樹、郷ひろみが果たせなかったミリオンセラーを達成(オリコン調べ)。また、1984年までに13曲連続でシングルチャート1位を記録していた。俳優としては、1981年の『青春グラフィティ スニーカーぶる〜す』以降、4年間で7本の劇映画に出演し、うち4本に主演(ほか2本は準主演、1本は友情出演)するムービースターだった。

 一方、中森明菜は近藤から1年半遅れて1982年の5月にデビュー。セカンドシングル『少女A』のヒット以降、トップアイドルの座に駆け上がり、シングルは毎回1位を記録。松田聖子と双璧をなす存在となっていた。ただし、彼女には同時代のアイドルのなかでも、特に演技経験が乏しかった。1984年の時点で本格的に映画やテレビドラマに出演した経験はゼロ。のちに『素顔のままで』(1992年、フジテレビ系)などいくつかのドラマに主演する明菜にとって『愛・旅立ち』は、演技者として実質のデビュー作となった。

 Wikipediaに掲載された『愛・旅立ち』の解説には、「本作をきっかけに近藤と中森は交際を始めた」とあり、Web上ではそれをソースに「マッチと明菜は映画共演をきっかけに付き合い出した」という記事が多数見られる。しかし、実際には少なくとも1984年の時点でメディアは2人の親密な関係を報じていた。つまりこの映画は、恋人同士だと噂された男女のトップアイドルをキャスティングするという、かつてないスキャンダラスな要素をはらんだ超話題作だった。

 ではそんな作品に対して、ファンはどんな内容を求めただろうか? さわやかな青春ラブストーリーだろうか? 80年代らしい都会的な男女の物語? 軽妙なコメディ作? 2人なら、アウトローな世界の若者も似合っただろう。しかし、『愛・旅立ち』は、両者の熱心なファンでさえも無言にならざるを得ない、オカルト&スピリチュアル&超常現象&宗教をごちゃまぜにミックスし、和風の味付けでひたすら陰気に描写した暗黒映画だったのである……!

 そこで本稿では、ファンの期待を大いに裏切ったと思われる、このスキャンダラスな“怪作”『愛・旅立ち』のストーリーを追いかけつつ、検証してみたい。

【後編はこちら】

不可解行動をとった明菜は倒れて病院へ…医師がなべおさみに彼女の個人情報を漏洩

【註】ここからは“ネタバレ”的な内容を含みます。
また以下、近藤真彦は「マッチ」、中森明菜は「明菜」と表記。

 映画は宇宙空間から始まる。そこに、母子らしき女性と赤ん坊が浮かび上がる。2人は口を動かすことなく、テレパシーか何かで会話をする。

「ママ、僕はどこから来たの?」
「神様がママに下さったのよ」
「神様はどこにいるの?」
「このお空にいらっしゃるのよ」
「じゃあ僕も神様なの?」
「そうよ………」

 母親が我が子を神認定。冒頭から不条理のフルスロットルだ。なお、宇宙に漂う母子の出番はこれっきりである。

 出演者クレジットを経て、定時制高校に通う高校生を演じる明菜が登場。ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の『怪談』の本をバッグに入れた彼女は、学校に向かう途中、公衆電話の受話器を手にする。ここからの明菜の行動があまりに不可解だった。電話番号をプッシュすることなく、いきなり「パパ、ママ、行ってきます」とだけつぶやき、受話器をガチャンと置いたのだ。つまり、誰も見ていないところで、両親に“電話をかけるふり”をしたということになる。

 観る者の脳内に浮上する巨大な疑問符をかき消すように、物語は暗黒方面に落下していく。明菜は学校の前で苦しそうに倒れ、病院に搬送される。そこで、不用意な看護師の立ち話により、自身が心臓病により余命いくばくもないことを知り、「死」の恐怖に泣き叫ぶのだ。

 個人情報保護の意識が薄い時代だけに、医師が明菜のバイト先の店主(なべおさみ)に病状を説明する場面がある。そこで、彼女が天涯孤独の身であることが説明される。先ほどの公衆電話での儀式は、出かける前に物故者の遺影に話しかける行為に代わるものなのか? なお、なべが明菜に「手かざし」の療法を施すシーンはない。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合