NEW
小黒一正教授の「半歩先を読む経済教室」

衆議院の議席配分、大幅に変更、2075年に「30増30減」?東京は15増、関西圏は増加せず

文=小黒一正/法政大学教授
衆議院の議席配分、大幅に変更、2075年に「30増30減」?東京は15増、関西圏は増加せずの画像1
参議院のサイトより

 人口減少が急速に進むなか、選挙制度で最も大きな懸案になっているのが「一票の格差の是正」である。2014年・15年の衆議院選挙では一票の格差が2倍以上であったことから、最高裁は違憲判決を下した。

 このような状況のなか、衆議院の議席配分につき、「衆院選挙制度に関する調査会」(衆院議長の諮問機関)は2016年1月に「アダムズ方式」の採用を求めた。アダムズ方式とは、従来の「1人別枠方式」とは異なり、都道府県の人口比率を反映しやすい議席配分方法であり、2016年の選挙制度改革(例:公選法の改正)により、その適用は2022年以降となることが決まっている。

 では、アダムズ方式の導入で衆議院の議席配分はどう変わるのか。簡単なシミュレーション分析を行ってみたい。

 まず利用するデータだが、2010年と2015年の国勢調査人口のほか、国立社会保障・人口問題研究所の「日本の地域別将来推計人口(2018年推計)」を用いる。後者のデータは2045年までの推計しかないため、2015年と2045年における都道府県別の人口減少率に基づき筆者が簡易試算した2075年における都道府県の人口も利用する。また、アダムズ方式は都道府県の人口比率を反映した議席配分方法だが、具体的には以下の手順で計算する。

1)まず、1議席当たり人口を定める。

2)定めた1議席当たり人口で各都道府県の人口を割った値(小数点は切り上げ)を各都道府県の議席配分案とする。

3)都道府県の議席配分案の合計が小選挙区の議席合計に一致した場合は終了するが、一致しない場合は1)の手順に戻り、1議席当たり人口を修正して2)を再計算する。

 以上の前提で試算した結果が図表である。この図表では、289議席の都道府県に対する現行の議席配分が、アダムズ方式を適用するとき、2010年と2015年の国勢調査人口や、2030年・2045年・2075年の将来人口を利用した場合にどう変化するかを示している。

 図表中の「増減」は、現行の議席配分と比較して、各配分の増減がどう変化するかを表すもので、例えば、「将来推計人口(2030年)」の東京都における「増減」は6となっているが、これは小選挙区制で現行25議席の東京都は2030年に31議席となり、6議席増加することを意味する。

 この図表から、2010年の国勢調査人口では「7増7減」、2015年の国勢調査人口では「9増9減」、2030年の将来推計人口では「13増13減」、2045年の将来推計人口では「19増19減」、2075年の簡易推計では「30増30減」となることがわかる。

 議席配分が増加するのは日本の全人口に占める人口割合が増える東京都や神奈川県・愛知県などであり、人口が減少する地域の議席は減少するケースが多い。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合