NEW
重盛高雄「謎解き?外食が100倍面白くなる話」

「かつや豊洲店」、渋谷のSPF豚の某有名店…訪問して見えた「とんかつ」の“無限の進化”

写真・文=重盛高雄/フードアナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

「かつや豊洲店」、渋谷のSPF豚の某有名店…訪問して見えた「とんかつ」の“無限の進化”の画像1
かつや豊洲店の「ロースカツ定食」

 全国7都府県で緊急事態宣言が発令中だが、日本フードサービス協会が7月26日に発表した6月の外食産業市場動向調査によると、ファストフード業態全体としては、売上は対前年比109.1%(一昨年比では96.8%)と健闘したものの、ファミリーレストラン業態は全体的に酒類提供の自粛や時短営業が影響し、売上は同88.4%(一昨年比では64.2%)となっている。

 コロナ禍が1年半以上におよび、多くの飲食店が休廃業を選択せざるを得ないケースが増えている。ファミレスでは業態転換したり複合型店舗に転換するなど対応の選択肢が存在するが、多くの中小店舗が同様の投資をできる状況ではない。

 帝国データバンクが7月28日に発表した「新型コロナウイルス関連倒産」動向調査によると、「新型コロナウイルス関連倒産は1812件(2021年は964件)となっている。業種別では「飲食店」が302件、「建設・工事業」が178件、「ホテル・旅館」が100件、「食品卸」は96件。「建設・工事業」は飲食店・小売店の休業や倒産増の影響を大きく受けてきたほか、ウッドショックによる資材の高騰・調達難の影響が出始めているという。

 筆者の地元である東京・豊洲においてもコロナ関連の転廃業が相次いでいる。どちらかといえば、閉店がより目につく。そのなかでも新規開店の象徴として今回ご紹介するのが、アークランドサービスホールディングスが運営する「かつや豊洲店」。7月26日に江東区に初出店した。場所は駅から徒歩2分、1月に突然閉店した「つけ麺さとう」の跡地だ。

「かつや」と「からやま」の目玉商品を同一店舗で提供

 イートインが苦戦を強いられるなか、各社が中食・内食需要を取り込もうと取り組みを拡大するなかで、特に自宅での再現が難しいメニューは好調に推移している。唐揚げが注目を集める中で、「とんかつ」も熱き戦いを繰り広げている。同店は20時までが通常営業、20時以降はテイクアウトのみ営業している。新規開店後日が浅いが、連日テイクアウトを待つ顧客は列をなしている(画像参照)。

「かつや豊洲店」、渋谷のSPF豚の某有名店…訪問して見えた「とんかつ」の“無限の進化”の画像2

「とんかつ」は冷凍ものを揚げて提供するコンビニ型と、チルド肉にパン粉をまぶして店舗で揚げる専門店型と2つに分かれる。「かつや」は後者の専門店型だ。

 昨今では冷凍技術も進化し、冷凍のほうが劣るという事例も少なくなってきた。冷凍のほうがパン粉のエッジが効いて美味しい、という声も聞かれる。かつや豊洲店では、定番のとんかつに加え「からあげ」や「ポテトコロッケ」も取り扱っている。東京都新橋駅前のSL広場では「かつや」と「からやま」の2店舗体制で営業しているが、ここ豊洲店では両ブランドの目玉商品をラインアップに加えている。

 豊洲エリアには、チェーンのとんかつ専門店としてリンガーハットが運営する「とんかつ大學」がイオン東雲ショッピングセンターにある。フードコート内の店舗であるが、こちらもミスタードーナツが2018年に退店したあとの場所に展開している。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合